宇宙人狼『Among Us』正式日本語対応やクイックチャット機能を含むPC/モバイル版のアップデートが配信中。地図端末から一瞬消える「キルフラッシュ」現象も修正

 アメリカの小規模ゲームスタジオInnerslothは3月6日(土)、同社が開発する宇宙人狼ゲーム『Among Us』にて、PC版(Steamitch.io)およびiOS版Android版正式日本語対応クイックチャット機能などを含むアップデート「v 2021.2.21」の配信を開始した。

 なお、2020年12月から配信中のNintendo Switch版は発売時から日本語へ対応済みだ。価格はNintendo Switch版とSteam版が520円、itch.io版は最低5ドル(価格を自由に上乗せ可能)、iOS版とAndroid版は無料(アプリ内課金あり)となっている。

(画像は『Among Us』より)

 全プラットフォームで合計1憶回以上のダウンロードを記録した『Among Us』は、4人から10人のプレイヤーがたさまざまな任務をこな宇宙船の「クルー(乗員)」と、クルー全員の殺害を目指して紛れ込む「インポスター(詐欺師)」に分かれて戦う作品である。今回配信されたアップデートでは上記の内容を主に、フリーチャット機能の禁止年齢が18才以上から13才以上へ引き下げられたほか、公開ロビーが発見できずに入場できない不具合などの修正が実施されている。

 また、ゲームプレイでは部屋内に居るメンバーが死亡した際、管理室(Admin)の地図端末からアイコンが一瞬だけ消える現象「キルフラッシュ」も修正。地図端末を常時監視したプレイヤーがキルフラッシュの発生地点へ急行する戦法を使用出来なくなっている。

(画像は『Among Us』より)
クイックチャットは7つに分類されている
(画像は『Among Us』より)
「告発」を選んだ場合のクイックチャット。「もっと」を押すとより断言に違い別の定型文セットが表示される
(画像は『Among Us』より)
キルフラッシュは発生しないが、アイコンは投票や会議の発生によって死体が消失するまで表示され続ける
(画像は『Among Us』より)

 電ファミニコゲーマーの公式Discordサーバーでは『Among Us』の特設チャンネルを用意している。不定期ではあるがロビー募集も実施されているので、興味があれば練習や体験の場として活用してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ