ハリウッド映画のような格闘シーンを組み立てる格闘シミュレーション『Gentle Club』が10月15日発売。周囲の環境と体術を使い、最高にかっこいいシーンを作り上げよう

 個人ゲーム開発者の会社Anegar Gamesは、格闘シミュレーション『Gentle Club』を10月15日(金)に発売すると発表した。対応プラットホームはPC(Steam)。

 『Gentle Club』ハリウッド映画にインスパイアされた格闘シミュレーター。映画で見たことがあるようなさまざまな格闘術、周囲にあるものを使った戦いなどが楽しめる。

画像はSteamより

 ゲーム内では、割ることで簡易ナイフのように利用できるガラス瓶や、破壊することで客室を減圧する飛行機の窓などが登場し、戦闘中に利用できるものは多岐にわたる。

 戦闘終了後はその様子はアクションシーンとしてリプレイできる。理想の戦い方を見つけ出し、映画のような戦闘シーンを演出できるというわけだ。
 とはいえ、ゲームはまだ開発が初期段階で情報も少ないので、開発者のTwitterアカウントにアップロードされたいくつかの戦闘シーンから、具体的にどのようなゲームかを想像するしかない。
 戦闘は一般的なアクションゲームとは少し違うようで、体力ゲージのようなものも見当たらず、どのように決着をつけるのか、あるいは単純に戦闘シーンを演出するかどうかは判断がつかない。
 スーツを着たふたりの男が、さまざまな体術で戦う。その過程で窓ガラスを破ったり、机をなぎ倒したりしていくゲームとしか、現時点で説明は難しい。

 ただし、格闘シーンの仕上がりはとてもよい。「ラグドールがちょっとおかしい」とユーザーからのメッセージも飛んでいるが、逆にその物理演算による挙動がこのゲームの最大の売りになっていると見てよいだろう。

画像はSteam『Gentle Club』より
画像はSteam『Gentle Club』より

 動画を見て『Gentle Club』が気になった方は、Steamのウィッシュリストに登録して続報を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ