中学校向け英語教科書に『ストリートファイター』からリュウやチュンリーが掲載され話題に。カプコンも「0フレで」使用許可を出すほど大喜び

 とある中学校向けの英語教科書に、『ストリートファイター』シリーズのキャラクターが登場していることがTwitterで話題となっている。
 紹介したのはTwitterユーザーの𝙍𝙪𝙣𝙤氏。英語の教科書に載るという大変光栄なことと、“0フレ”でキャラクターの使用を許可したことを『ストリートファイター』公式Twitterアカウントも認めている。

 『ストリートファイター』からリュウ、チュンリー、さくらが登場している教科書は、三省堂の発行する中学校向けの英語教科書『NEW CROWN』令和3年度改訂版のようだ。キャラクターデザインは箕星太朗氏。氏はコナミで、ミノ☆タロー名義で『ラブプラス』シリーズのキャラクターデザインなどを手がけたことで有名。独立後は箕星太朗名義で活動し、『LoveR』のキャラクターデザインやイラストレーションなどを担当した。

 このページでは、教科書に登場する「ジン」という中国出身のキャラクターが、フランスのジャパンエキスポに参加したという内容。日本のポップカルチャーのイベントで、ミュージシャンのライブイベントやアーティストらのディスカッション、そして多くの人々が大好きなキャラクターのコスチュームを着て楽しんでいることを紹介している。

 箕星太朗氏はこのイラストについて、格闘キャラのコスプレというオーダーを受け、世界一有名なキャラクターを出したいとカプコンに協力を申し入れたという。結果は前述の通り0フレでOKをもらい、めでたく教科書に載ることとなった。氏は「学生の皆さんの英語の勉強が楽しくなれば嬉しいです!」とコメントしている。リュウの腕が細いというツッコミが入っているが、コスプレというオーダーを忠実に守った結果であることをTwitterで伝えている

 『ストリートファイター』シリーズのキャラクターデザインを務めたあきまん氏も「教科書のるの夢だった」と、氏のデザインしたキャラクターが教科書に載ることについて喜びのコメントを寄せている。

(画像は三省堂より)
(画像は𝙍𝙪𝙣𝙤氏のTwitterアカウントより)

 教科書のページは『ストリートファイター』のキャラクターが目立つが、左下の写真はジャパンエキスポの実際のライブでの写真のようだ。すぐ下にはQRコードが載っているなど、一昔前の教科書しか知らない筆者にはかなり驚かされる点が多い。音楽の教科書にビートルズの楽曲が掲載されることに驚いたこともあったが、時代はさらに進んでいるようだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ