ループモノFPS『DEATHLOOP』が9月14日に延期決定。新たな開発期間でスタイリッシュで驚きに満ちたゲームプレイをさらに追求することを約束

 ベセスダ・ソフトワークスは現在Arkane Studios Lyonが開発中のループ物FPS『DEATHLOOP』の延期を発表した。新たな発売日は2021年9月14日(火)、対応プラットフォームは変わらずPlayStation 5とPCとなっている。

 ベセスダ日本公式Twitterアカウントでは、延期に関するビデオメッセージも投稿されている。延期の理由として、社員全員の安全や健康の確保が挙げられている。新たな開発期間を利用し、スタイリッシュで驚きに満ちたゲームのビジョンをさらに追求するとしている。

 『DEATHLOOP』は『Prey』(2017)『Dishonored』を手がけたArkane Studiosの新作FPS。ゲームの舞台となる島で、ふたりの殺し屋がお互いを殺し合う。しかしこの島は時間のループにとらわれており、永遠に同じ1日を繰り返している。プレイヤーはひとりの殺し屋として、ループしリセットされる前に島に潜む8人のターゲットを暗殺しなければならない。ループごとに島はリセットされるが、プレイヤーの知識はリセットされない。1日を何度でも繰り返し、諦めずにゲームを攻略しよう。

 ゲームはシングルプレイとマルチプレイが融合している。通常、プレイヤーは殺し屋コルトとして8人のターゲットを付け狙う。しかし、島の中にはもうひとりの殺し屋ジュリアナがコルトを付け狙っている。ジュリアナはほかのプレイヤーが操作しているため、ゲームには対戦FPSとしての側面も用意されているのだ。もしも腕に自信があれば、ジュリアナとしてほかのプレイヤーを付け狙うこともできる。

(画像はSteam 『DEATHLOOP』より)
(画像はSteam 『DEATHLOOP』より)
(画像はSteam 『DEATHLOOP』より)
(画像はSteam 『DEATHLOOP』より)

 『Prey』や『Dishonored』で没入型FPSを突き詰めていったArkane Lyonが、マルチプレイとシングルプレイを融合しどのようなFPSを作り上げるのか注目が集まっている『DEATHLOOP』。今回で2度目の延期となっており、9月にプレイできることを期待したい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ