ゲーム開発者が選ぶ「GDCアワード2021」の最終候補が発表。ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『あつまれ どうぶつの森』『The Last of Us Part II』『Half-Life: Alyx』『ハデス』『ゴースト・オブ・ツシマ』が競う

 ゲーム開発者会議(Game Developers Conference、以下GDC)の主催団体は、開発者によって選ばれるゲームアワード「第21回GDCアワード」の最終候補ノミネート作品を発表した。受賞作品は7月19日(月)から23日(金)にオンライン開催されるGDCのなかで発表される。

(画像はGame Developers Conference (GDC)より)

 GDCアワード(Game Developers Choice Awards)は、「The Game Awards」や「D.I.C.E Awards」と並んでゲーム賞のなかでももっとも権威ある賞。ビデオゲーム業界のあらゆる分野の主要なゲームクリエイターで構成される招待制のグループ・ICANのメンバーによって投票が行なわれ賞が授与される。ICANメンバーは自身が関わっているゲームの推薦や投票をすることはできないルールとなっている。

 昨年は『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!』が見事ゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いている。2020年のゲームが対象となる第21回GDCアワードの最終候補は以下の通り。

■ゲーム・オブ・ザ・イヤー
『あつまれ どうぶつの森』(任天堂企画制作本部/任天堂)
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Half-Life: Alyx』(Valve)
『ハデス』(Supergiant Games)
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

■ベスト・オーディオ賞
『ハデス』(Supergiant Games)
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Doom Eternal』(id Software/ベセスダ・ソフトワークス)
『ファイナルファンタジーVII リメイク』(スクウェア・エニックス)
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

■ベスト・デビュー賞
『Phasmophobia』(Kinetic Games)
『ウムランギジェネレーション』(Origame Digital/Playism, Origame Digital)
『Carrion』(Phobia Game Studio/Devolver Digital)
『Mortal Shell』(Cold Symmetry/Playstack)
『Raji: An Ancient Epic』(Nodding Heads Games/Super!Com)

■ベスト・ゲームデザイン賞
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『ハデス』(Supergiant Games)
『あつまれ どうぶつの森』(任天堂企画制作本部/任天堂)
『Half-Life: Alyx』(Valve)

■イノベーション賞
『Microsoft Flight Simulator』(Asobo Studio/Xbox Game Studios)
『Dreams』(メディアモレキュール/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Half-Life: Alyx』(Valve)
『Fall Guys: Ultimate Knockout』(Mediatonic/Devolver Digital)
『ハデス』(Supergiant Games)

■ベスト・モバイルゲーム賞
『The Pathless』(Giant Squid/Annapurna Interactive)
『原神』(miHoYo)
『レジェンド・オブ・ルーンテラ』(Riot Games)
『Alba: A Wildlife Adventure』(ustwo/PID Publishing)
『If Found…』(Dreamfeel/Annapurna Interactive)

■ベスト・物語賞
『Kentucky Route Zero: TV Edition』(Cardboard Computer/Annapurna Interactive)
『ファイナルファンタジーVII リメイク』(スクウェア・エニックス)
『ハデス』(Supergiant Games)
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

■ベスト・技術賞
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Half-Life: Alyx』(Valve)
『Dreams』(メディアモレキュール/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Microsoft Flight Simulator』(Asobo Studio/Xbox Game Studios)

■ベスト・ビジュアルアート賞
『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『ハデス』(Supergiant Games)
『The Last of Us Part II』(Naughty Dog/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『オリとウィスプの意志』(Moon Studios/Xbox Game Studios/iam8bit)
『サイバーパンク2077』(CD Projekt RED/CD Projekt)

■ベスト・VR/AR賞
『The Walking Dead: Saints & Sinners』(Skydance Interactive)
『Paper Beast』(Pixel Reef)
『Dreams』(メディアモレキュール/ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
『Half-Life: Alyx』(Valve)
『Star Wars:スコードロン』(Motive Studios/エレクトロニック・アーツ)

 なおGDCのホームページには、各部門の最終的な5作品の候補から外れた「佳作」も同時に掲載されているので、気になった人はチェックしてみて欲しい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ