13人のキャラクターを操作するホラーゲーム『ソング オブ ホラー』が8月26日に発売決定。死亡するとそのキャラは操作不可になる群像劇サバイバルホラー

 DMM GAMESは日本語版『ソング オブ ホラー』を8月26日(木)に発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC(DMM GAME PLAYER)で価格は税込4378円。パッケージ版はPlayStation 4版でのみ発売される。

 『ソング オブ ホラー』は13人のキャラクターを操作して物語を進めていく、3人称視点の群像劇サバイバルホラー。それぞれが独自の視点で調査を行なうことで、異なる手がかりやアイテムを見つけることができる。しかし、そのキャラクターが死亡すると他のキャラクターを選択することになり、以後、死んだキャラクターは操作することはできない

 舞台は歴史小説家セバスチャン・P・ハッシャーの自宅。彼はある日突然、家族全員とともに行方不明になった。セバスチャンの身を案じた編集者が、彼を探すために自宅に部下を派遣した。だがそれ以来、部下が帰ってくることはなかった。敵である異界の存在は、AIが実装されておりプレイヤーの行動を学習し、プレイするたびに異なる演出になる。

(画像は『ソング オブ ホラー』公式サイトより)
(画像は『ソング オブ ホラー』公式サイトより)
(画像はYouTube「『ソング オブ ホラー』日本語版公式トレーラー」より)
(画像はYouTube「『ソング オブ ホラー』日本語版公式トレーラー」より)

 開発したのはスペインに拠点を置くスタジオProtocol Games。エドガー・アラン・ポー、H・P・ラヴクラフト、M・R・ジェイムズなどのホラー小説の巨匠から着想を得ており、古典的なホラーの手触りをゲームで再現を目指している。

 すでに英語版がSteamで配信されているが、ユーザーレビューは「非常に好評」となっており、評価は上々だ。本作は比較的テキスト量が豊富なゲームなので、今回の日本語版の発売は嬉しい発表といえるだろう。日本語版『ソング オブ ホラー』は、PS4、Xbox One、PC(DMM GAME PLAYER)で8月26日に発売予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ