『Call of Duty』最新作はSledgehammer Gamesが開発を担当、2021年秋にPCと次世代機向けにリリースへ。『CoD: Advanced Warfare』や『CoD: WWII』の開発担当スタジオ

 Activisionは、2021年発売予定の『Call of Duty』をSledgehammer Gamesが開発することを明らかにした。次世代機とPC向けに2021年秋に発売予定となっている。

 新作『Call of Duty』は、Activisionの第1四半期業績報告で正式に存在が認められたもので、海外メディアIGNなどが報じている。またSledgehammer Gamesの公式Twitterアカウントも、『Call of Duty』の新作を作っていることを認め、さらに多くの情報を共有するのを待ちきれないとツイートしている。

 新作『Call of Duty』についてのディテールは明らかにされていないが、今作もシングル、マルチ、協力プレイを搭載しており、次世代機向けのグラフィックを備え、そして「『Call of Duty』のエコシステムと統合し、強化する」とされている。

 Sledgehammer Gamesは『Call of Duty: Modern Warfare 3』をInfinity Wardと共同開発会社としてデビューした。その後、2014年に『Call of Duty: Advanced Warfare』、2017年に『Call of Duty: WWII』のリード開発会社として制作。それ以外の『Call of Duty』シリーズにも共同開発で関わり続けている。

 新作『Call of Duty』の発表とともに、カナダのトロントにSledgehammer Gamesの新スタジオを開設したことを発表。アメリカ合衆国カリフォルニア、オーストラリアのメルボルンに続き同社3つめのスタジオとなる。

 はたして2021年の『Call of Duty』はどのような作品になるだろうか。発表を待ちたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ