ソ連崩壊後のロシアの片田舎を舞台にしたホラーゲーム『Broken Veil』発表。『リトルナイトメア』の影響を感じさせるアクションゲームで、ネコをかわいがれる

 2019年に設立された独立系ゲーム開発会社Sinistrum Gamesは、新作ホラーゲーム『Broken Veil』を正式に発表した。2021年にPC(Steam)にて発売予定だ。公式サイトと海外メディアIGNのYouTubeチャンネルを通じてティーザートレイラーも公開している。

 『Broken Veil』は、ホラー要素のあるパズルアクションゲームだ。舞台となるのはソ連崩壊直後、ロシアのとある片田舎。ゲームに登場する土地は実在の場所をモチーフにしているという。プレイヤーはそんなロシアの田舎に住む小さな少年となり、顔のない群衆の中から最愛の母親を探すことになる。

 トレイラーやスクリーンショットなどから伝わるゲームの雰囲気は、ホラーゲーム『リトルナイトメア』シリーズを想起させるものとなっている。力はないが、物陰に隠れ知恵を絞って先を目指す小さな少年。まるでモンスターのように主人公を探し回る不気味な大人たち。2Dアクションをベースに、奥行きのある3D表現でプレイヤーの恐怖をあおる。恐怖心を克服し、知恵と勇気で障害やパズルを切り抜けてゴールを目指そう。

 だが、世界には敵対する存在ばかりではない。ネコは子供の友達だ。彼らは主人公がパズルを解くのを喜んで手伝ってくれる。ロシアで90年代にはやったというレーザーポインターを使えば、望む場所にネコを連れて行くこともできる。うまくいったら、やさしくなでてあげよう。

(画像はSteam『Broken Veil』より)
(画像はSteam『Broken Veil』より)
(画像はSteam『Broken Veil』より)
(画像はSteam『Broken Veil』より)

 ソ連崩壊後のロシアを舞台に、『リトルナイトメア』のようなホラーが楽しめそうな『Broken Veil』。興味がある方はSteamのウィッシュリストに登録し、続報を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ