Steam版『バイオハザード ヴィレッジ』がピークプレイヤー数10万人突破。順調に評価を高めてきたシリーズ初の快挙。「バイオ怖くない」プロモがホラー苦手層も取り込んだか

 5月8日(土)にリリースされた『バイオハザード ヴィレッジ』吉幾三氏とのコラボ「バイオ怖くない」の人形劇といった、奇抜なプロモーションが行われたことが話題となった。Steamの統計情報を記録する外部サイトSteamDBでは、前作を大きく超える記録が達成されている。

(画像はSteamDBより)

 まず、ピークプレイヤー数が10万人を超えた。日本独自の「Zバージョン」のピークプレイヤー数も含めると11万人に達する。前作『バイオハザード7』はコンソールと同時発売だったが、ピークプレイヤー数は2万人余り。ナンバリングタイトルとしての前作を大きく超えるヒットとなった。

 リメイク作『バイオハザード RE:2』のピークプレイヤー数は7万4000人、『バイオハザード RE:3』は6万人と、『バイオハザード7』以降プレイヤー数も増えていた。しかし、10万人を超えたのは今回が初めて。『バイオハザード7』が一人称視点「アイソレートビュー」を導入し、ホラーゲームシリーズとして復活を遂げた『バイオハザード』シリーズの順風満帆な成長だといえる。

 ほかのプラットフォームは統計情報がないので不明だが、Steam版同様ヒットしていることが予想される。

 レビュー集積サイトMetacriticのメタスコアも、各プラットフォームで80点以上と高い評価。ユーザーレビューも8.5点以上を記録しており、批評家からもプレイヤーからも評価が高い。

 ホラーゲームとの親和性の高いゲーム実況配信でもシリーズ随一の記録を誇っており、ピーク時には65万人以上の視聴者を集めた。『バイオハザード 7』は22万人となっており、プレイヤー数と同様視聴者も増加している。

(画像はTwitch Trackerより)

 新たな象徴的ボスキャラ「ドミトレスク」の登場もあり、発売前から注目されてきた『バイオハザード ヴィレッジ』。前作『バイオハザード 7』が怖すぎるという反省から生まれたプロモーションも相まって、「ホラーゲームは苦手だけど、プレイしてみたい」という挑戦者も多く現れたのかもしれない。

 電ファミでは『バイオハザード ヴィレッジ』のレビューも掲載中。どんなゲームか気になったら、こちらも読んでみてほしい。

『バイオハザード ヴィレッジ』レビュー。「恐怖に立ち向かうゲームプレイ」と「父が娘のために懸命にもがく物語」でプレイヤーを惹き付ける今世代最高のホラーゲーム

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ