戦略シミュレーション『ウォーハンマー 40K:バトルセクター』7月15日発売決定、PC版の予約受付も開始。戦団の駒を操って異種族との戦いを勝利に導け

 イギリス・ロンドン郊外に拠点を置くパブリッシャー(販売元)のSlitherineは、戦略シミュレーションゲーム『Warhammer 40,000: Battlesector』をイギリス時間7月15日(木)に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(SteamEpic Games)、PlayStation 4、Xbox Oneとなっている。

 なお、PC向けのプラットフォームではすでに予約受付を実施中。発売日までの期間は通常価格の4100円から10%オフの3690円で購入可能だ。

 『Warhammer 40,000: Battlesector』は、オーストラリア・パースに拠点を置くBlack Lab Gamesが開発した『Warhammer 40,000(ウォーハンマー)』シリーズの最新作である。ターンごとに戦況が目まぐるしく変わる本作では、白兵戦を得意とする軍隊「ブラッドエンジェル」を模した部隊のコマを操り、凶暴な異種族「ティラニッド」との壮大な戦いを勝利に導いていく。

 シングルプレイヤーモードでは20個のステージを楽しめるほか、ブラッドエンジェルとティラニッドで別れて戦うオンライン対戦モードも搭載。発表によれば、戦いの様子を美しく撮影できるフォトモードも収録されているようだ。

 なお、Slitherineの公式Twitchチャンネルではオンラインイベントの一環として、日本時間5月11日(火)23時30分からフォトモードを含む本作のゲームプレイが披露される。興味があればチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ