ゲーム向け新型VRHMD「HTC Vive Pro 2」とビジネス向け「HTC Vive Focus 3」が正式発表。どちらも10万円を超えるハイスペック仕様に

 5月12日(水)、HTCは新型VRデバイスやソフトウェアなどを紹介するイベント「Vivecon 2021」をスタートした。初日はとくにビジネス用途として医療や警察のVR訓練について紹介されたが、一般のユーザーにとって気になるのは次世代の新型VRヘッドマウントディスプレイ(以下、HDM)だろう。

 今回の基調講演では、ゲーム用途の使用も考慮された「HTC Vive Pro 2」と、ビジネス向けの「HTC Vive Focus 3」が発表された。どちらも10万円を超えるハイスペック型のVRHMDとなっている。

 ゲーム用途向けにも設計されている「HTC Vive Pro 2」の価格は10万3400円。ヘッドマウントディスプレイのみで、コントローラーなどは付属しない。VR系海外メディアRoad to VRは、7月にはコントローラーとベースステーションを含むフルセットが発売されると報じている。また、コントローラーやベースステーションなど、既存のアクセサリーにも対応しているという。

 ディスプレイは5K解像度(片眼2448×2448ピクセル)に対応。視野角120°、リフレッシュレート90/120Hzなど、ゲーム向けに最適なスペックとなっている。 なお、Vive Proのディスプレイは片目あたり144 x1600ピクセル、リフレッシュレートは90Hzだった。デュアルマイクやHi-Rez対応ヘッドフォンなど、詳しいスペックは公式サイトを確認してほしい。

 日本では6月中旬に発売予定となっており、公式サイトではすでに予約もスタートしている。

 またビジネス向けの「HTC Vive Focus 3」はHMDに加えコントローラーも同梱。人の多いショールームやイベント向けに設計されており、ワイヤレス接続に最初から対応していることが大きな特徴だ。

 価格は13万900円。基本的なスペックはほぼ「HTC Vive Pro 2」と同じだが、リフレッシュレートは90Hz固定となっている。個人使用の場合は基本的に「HTC Vive Pro 2」を選んだ方がよいだろう。

ゲーム向け新型VRHMD「HTC Vive Pro 2」とビジネス向け「HTC Vive Focus 3」が正式発表。どちらも10万円を超えるハイスペック仕様に_001
(画像はYouTubeより)
ゲーム向け新型VRHMD「HTC Vive Pro 2」とビジネス向け「HTC Vive Focus 3」が正式発表。どちらも10万円を超えるハイスペック仕様に_002
(画像は「HTC Vive Pro 2」公式サイトより)

 ついに発表となったHTC Viveの新型VRHMD。5月13日午前1時からは、「Vivecon 2021」の2日目が放送予定となっており、さらなる新情報を期待したい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
ゲーム向け新型VRHMD「HTC Vive Pro 2」とビジネス向け「HTC Vive Focus 3」が正式発表。どちらも10万円を超えるハイスペック仕様に_003
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ