学校の怪談を題材にしたホラーノベルゲーム『関門高:The Ghost Gate』が日本語対応。真夜中の高校を舞台に、高校生たちが怪奇現象や幽霊に慄く韓国ホラー作品

 Studio AWEは5月31日(月)、PC(Steam)向けホラーノベルゲーム『関門高:The Ghost Gate』日本語へ対応したことを伝えた。

 本作の舞台は真夜中の高校。閉じ込められてしまった高校生たちは怪奇現象や幽霊と対峙し、わずかな手がかりを頼りに「霊界へ通じる関門に建てられた学校、晦日の夜になるとその力が蘇る」と言われる学校の謎に迫っていくこととなる。

 ビジュアルノベルにくわえて、ポイント&クリックの探索パートも存在。数秒以内に隠された手がかりを見つけなければいけない、緊迫感あるシステムが特徴。
 また、高校生たちはふたつのグループに分かれて行動するためそれぞれの視点で並列に物語が展開、それぞれのグループの行動が他のグループへと影響を及ぼすこともあるとのことだ。

 サイドエピソードではそれぞれの過去にフォーカス。各キャラクターをより深く知り、キャラクター同士の関係性やそのきっかけを知ることができる。このほか、エンディング後にはキャラクター別のアフターストーリー、死亡エンドをすべて回収することで観覧可能なアナザーストーリーなどが用意されている。
 舞台である関門高で囁かれる「13怪談」の内容や、キャラクターたちのプロフィールなども収集可能。キャラクターたちとは異なった視点から、関門高の謎に迫ることができる。

 さらにアップデートによってゲーム実況の配信や録画のための「ストリーミングモード」が実装された。本モードでは、メインエピソードの最後までプレイ可能となっており、サイドエピソードやアフターストーリーなどは制限される。Steamページに記載されている細かな仕様は以下のとおり。

・メッセージウィンドゥの左下に「Streaming Mode」という文字が追加されます。
・メインエピソードは最初から最後までプレイできます。
・「Shin Hyo Jin」、「真相 (Truth)」チャプター以外のサイドエピソードはプレイできません。
・「After Stories」と「Another Story」をプレイできません。

 価格は税込1950円。ジメジメと暑くなってきたこのごろ、ゾッとする学校探検で肝を冷やしてはいかがだろうか。
 リリース全文は以下のとおり。

 学校の怪談をめぐるホラーノベルゲーム
「関門高:The Ghost Gate」
5月31日(月)に日本語対応!

– 韓国のホラーノベルゲーム「関門高:The Ghost Gate」5月31日に日本語対応。
– ストリーミングモードでプレイすれば、メインエピソードの最後まで実況や録画の配信可。

韓国のインディゲームスタジオ・Studio AWEから、STEAMで配信中のホラービジュアルノベル「関門高:The Ghost Gate」が5月31日に日本語対応になったことをお知らせいたします。

2021年3月13日(土)から配信中で、Windows/Mac/Linuxに対応しています。

● 公式プロモーションムービー:https://youtu.be/yKxQuXO6CAU
● Steamストアページ:https://store.steampowered.com/app/380680/

「関門高:The Ghost Gate」は、ポイント&クリックの探索要素を加えたホラービジュアルノベルです。真夜中の高校を舞台に、一夜に起きた事件と、関連する過去のエピソードが描かれています。

● ゲームプレイ動画の投稿について

先日のアップデートにより、ゲーム実況や録画の配信のための「ストリーミングモード」を選ぶことができるようになりました。サイドエピソードやアフターストーリーなどが制限されますが、メインエピソードは最後までプレイできます。

詳細は下記のお知らせでご確認ください。
https://store.steampowered.com/news/app/380680/view/4752962350829165758

● あらすじ(Synopsis)

霊界へ通じる関門に建てられた学校、晦日の夜になるとその力が蘇る。

学校中に広まる怪談の実体を確かめるために、置き忘れた物を取りに行くために…。それぞれの理由で真夜中の学校に集まった高校生たちは、正体不明の幽霊たちを見て恐怖に震える。友達も失い、出ることもできなくなった学校の中で、生徒たちはわずかな手がかりを頼りに真相を把握し始めるが…。

● ゲームの特徴

「関門高」には、数秒以内に隠された手がかりを見つけるというポイント&クリック式の探索シーンがあるのが特徴です。

メインエピソードは、2つのグループそれぞれの視点で並列に進行し、互いの行動がもう一方のグループにどう影響するのかが見所です。

サイドエピソードでは、キャラクター達の過去を見ることができて、人間関係の背景にある出来事が明らかになっていきます。

収集要素として、「13怪談」の内容や、この一夜に起きた出来事、キャラクター達のプロフィールなどの情報をメニューから観覧することができます。

さらに、エンディングのあとに見られるキャラクター別アフターストーリー、死亡エンドをすべて集めると見られるアナザーストーリーなどの豊富なおまけコンテンツがあります。

● キャラクター紹介

「チェ・スンヨン」

関門高校の2年生。

学校に置いてきた問題集を取りに来た。

一人で夜の学校に入るのが怖くて、友達のジヒを呼んで一緒に行くことにしたが…。

 

「ソ・ハリン」

関門高校の1年生。

友達に怪談探訪を提案した主犯だ。

自分を含む5人が学校に集まって、怪談の伝えるとおり午前0時を待つことにしたが…。

「コン・ジェハ」

関門高校の3年生。

学校の異常現象を知っているようだ。

なぜだか一人で真夜中の学校を歩き回っている。

全キャラクターのプロフィール画像はこちら:
https://store.steampowered.com/news/app/380680/view/2233169104205270730

● ゲーム仕様

ゲームタイトル : 関門高:The Ghost Gate
プラットフォーム : PC(STEAM)
ジャンル : ホラービジュアルノベル
リリース日 : 2021年 3月 13日(土)
価格 : 1,950円(税込)
プレイ人数 : 1人
対応言語 : 日本語、英語、韓国語
開発元:Studio AWE
パブリッシャー : Studio AWE
コピーライト : © 2021 Studio AWE

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ