『Half-Life 2: Episode 3』発表から15年が経過。いまだファンやユーザーの間で話題にのぼるValveの未完作品

 Valveの未発売作品『Half-Life 2: Episode Three』の発表から、2021年5月でまる15年がたったことを海外メディアKotakuが報じている。

 本作が発表されたのは2006年5月。『Half-Life 2: Episode One』が発表されたのと同時に三部作であることも明かされた。(参考:Gamasutra)なお、発表当時は2007年末までにエピソード3がリリースされて完結する予定だった。

 『Half-Life 2』は2004年に発売されたValveのFPS。前作『Half-Life』に続き、FPSの金字塔のひとつとして名作紹介記事などでは頻繁に顔を見せている。そんな名作の続編を描くと発表されたのが、『Half-Life 2: Episodes』シリーズだ。『Half-Life』から『Half-Life 2』で6年もかかった反省を生かし、フルプライスのAAAゲームを複数に分割してリリース。ファンをあまり待たせず続編を作るという目標が掲げられていた。

 余談だが、このエピソード形式はほかのゲームでも取り入れられている。『Half-Life 2: Episode』シリーズを含めて途中で頓挫した例は多いが、Telltale Gamesはエピソード形式をうまく生かし、『Sam & Max』『Back to the Future: The Game』『The Walking Dead』など名作を多数生み出した。

 2006年に『Half-Life 2: Episode One』がリリースされ、2007年に『Half-Life 2: Episode Two』が発売される。エピソード2は、大型マップをバギーで移動しながら新型の敵モンスターと戦うシーンや、尊大で権威主義的な性格だがどこか憎めないマグヌッセン博士など、見るべきシーンが多かった。当初の予定では2007年に完結予定だったが、多少遅れたとしても、「エピソード3は名作になる」とだれもが期待していた。

 そして今年、『Half-Life 2: Episodes』の発表から15年がたった。

 その間に『Half-Life』シリーズの脚本家がValveを退社。『Half-Life 2: Episode Three』のものと思われるプロットを公開したり、謎の新作『Half-Life 2: Episode Four』が開発されていたことがリークされたりと、時折名前を聞くだけで真新しい情報はほぼ無し。

 一方、VRゲームとして『Half-Life: Alyx』が2020年にリリース。VRゲームのマスターピースの1本と称賛されており、さすが『Half-Life』のValveだと再び続編への期待が高まっている。

(画像はSteam『Half-Life 2: Episode Two』より)
(画像はSteam『Half-Life 2: Episode Two』より)
(画像はSteam『Half-Life 2: Episode Two』より)
(画像はSteam『Half-Life 2: Episode Two』より)

 はたして、Valveは『Half-Life 2: Episode Three』あるいは『Half-Life 3』を出すことはできるだろうか。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ