ユーザー間で売買や交換が可能なデジタルシール『資産性ミリオンアーサー』が発表。ブロックチェーンを介してトレード、発売は2021年夏

 スクウェア・エニックスはNFTデジタルシール『資産性ミリオンアーサー』ティザーサイトを公開した。発売は2021年夏。販売は公式サイト上にて実施予定だ。

 『ミリオンアーサー』シリーズは、スマートフォン向け『拡張性ミリオンアーサー』からはじまったシリーズ郡。シナリオに『とある魔術の禁書目録』鎌池和馬氏を起用している。TVアニメ化された『叛逆性ミリオンアーサー』、格闘ゲーム『ミリオンアーサー アルカナブラッド』など、さまざまなメディアミックス展開が行われている。

 今回の『資産性ミリオンアーサー』は、NFT型のデジタルシール。NFTとはNon-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)のことで、キャラクターやアイテム、トレーディングカードなどの所有できる権利が、ユーザーの間で売り買いすることかたちを指す。

(画像は「資産性ミリオンアーサー」誕生!集めて、貼って楽しめるNFTデジタルシールより)
(画像は「資産性ミリオンアーサー」誕生!集めて、貼って楽しめるNFTデジタルシールより)
(画像は「資産性ミリオンアーサー」誕生!集めて、貼って楽しめるNFTデジタルシールより)

 つまり『資産性ミリオンアーサー』は、デジタルシールでありつつ、ユーザー同士で売買することが可能だ。本商品はLINE社が開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」を採用しており、LINE社のサービス「LINE BITMAX Wallet」内のNFTマーケットにて、流通・売買・トレードすることを予定している。

 また、『資産性ミリオンアーサー』さらに絵柄が1枚1枚ごとに異なるため、デザイン面において唯一無二のNFTデジタルシールを所有することができる。シールの背景やホログラムが1枚1枚ごと少しずつ異なっており、自分だけのコレクションホルダーを作ることができる。購入済みのデジタルアセットをブラウザ上で管理する専用の「シールホルダー(仮称)」も提供予定だ。

 まだまだ詳細は不明な点が多いが、意欲的な商品となりそうだ。続報を待ちたい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ