マルチプレイ対戦アクションゲーム『Chivalry 2』が配信開始。中世ヨーロッパを舞台に最大64人が入り乱れて戦う剣戟バトル

 パブリッシャーのTripwire Interactiveは、Torn Banner Studiosが開発する対戦アクションゲーム『Chivalry 2』の配信を6月9日(水)より開始した。対応プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Epic Games)となっている。

 2012年に発売された『Chivalry: Medieval Warfare』の続編となる本作は、中世ヨーロッパを舞台に王国軍と反乱軍の壮大なスケールの戦いが繰り広げられるバトルアクションゲーム。最大64人までのマルチプレイが可能で、一人称・三人称の両視点に対応している。

 前作でも好評だった激しい流血表現や、各軍に設定された異なる勝利条件を満たすのが目的の「チームオブジェクティブ」といったプレイモードは引き継がれ、Unreal Engine 4によるグラフィックのアップグレードや戦闘システムの改善、バトルスタイルや外見のカスタマイズ機能の充実などさまざまな要素が大幅に強化された『Chivalry 2』。カタパルトやバリスタといった中世ならではのギミックもより多彩なものとなっている。

(画像は『Chivalry 2』公式サイトより)
(画像は『Chivalry 2』公式サイトより)
(画像は『Chivalry 2』公式サイトより)
(画像は『Chivalry 2』公式サイトより)

 ローンチ直後はサーバーに多くのプレイヤーが殺到し、ログインやマッチメイキングにおける不具合が発生したが、公式Twitterによるとすでに解決済みとのことだ。

なお、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox Series X|Sに向けた国内パッケージ版の発売が6月24日(木)に予定されている。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年6月より編集アシスタントとして加入。
京都の町屋で猫と暮らしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ