Nintendo Switch版『AIR』が発売決定。夏が訪れた海辺の田舎町で人形使いの青年と笑顔を絶やさない少女の交流を描く、主題歌『鳥の詩』も一世風靡した「泣きゲー」の名作

 プロトタイプは、Nintendo Switch版『AIR』を発売すると発表した。価格、発売日は不明。6月10日(木)発売の「週刊ファミ通2021年6月24日号」にて、詳細が発表される。

 『AIR』は2000年にPC向けに発売された18禁の恋愛アドベンチャーゲーム。感動的なシナリオから「泣きゲー」とも評されており、ドリームキャスト、PlayStation 2、PSP、PS Vitaなどの家庭用ゲーム機に一般向けとして移植している。またゲームを原作とした京都アニメーションが制作したテレビアニメ、東映アニメーションが制作した劇場用アニメも公開された。

 舞台は夏が訪れた、穏やかな日々が流れる海辺の田舎町。手を触れずに人形を動かすことができる青年・国崎往人は、母から託された言葉の意味を求め、旅を続けていた。ある日、国崎往人は、いつも元気に笑っている少女・神尾観鈴と出会う。こうしてふたりの交流がはじまるが、観鈴はある秘密を持っていた。

(画像はTwitterより)

※『鳥の詩』が聴ける、PS Vita版のオープニングムービー

 本作はビジュアルアーツのブランド、Keyが開発したノベルゲームで、原案・シナリオをKeyに所属する麻枝准氏が手掛けている。同氏が手掛けたシナリオは、繊細な感情描写を用いることで知られ、キャラクターたちが思い悩み、傷つき、そして希望を見出していくさまが抒情的な筆致で描かれる。そのプレイヤーの感情を激しく揺さぶるほどのシナリオは、しばしば「泣きゲー」として評されている。

 また麻枝氏はシナリオライターだけではなく、作詞家、作曲家、音楽プロデューサーとしても活躍。麻枝氏が作詞を担当、歌手のLiaさんが歌う本作の主題歌「鳥の詩」は高く評価されており、大ヒットを記録した。『AIR』をプレイしたことがない人でも、どこかで聴いたことがあるかもしれない。

 Nintendo Switch版の『AIR』は、6月10日(木)発売の「週刊ファミ通2021年6月24日号」にて詳細が発表予定。Key作品の家庭用ゲーム機の移植を数多く手掛けるプロトタイプから発売されるようだ。プレイしたことがない人や、久しぶりにあらためてプレイしたい人にとっては、このNintendo Switch版は最適といえるだろう。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ