映画『モータルコンバット』の7分にもわたる本編冒頭のノーカット映像が公開。ハサシ・ハンゾウ演じる真田広之さんのアクションが炸裂

 ワーナーブラザースジャパンは、同名格闘ゲームを映画化した映画『モータルコンバット』について、7分の冒頭ノーカットの本編映像をYouTubeにて公開した。ハサシ・ハンゾウ/スコーピオンを演じた俳優・真田広之さんのアクションが見れるものとなっている。映画は6月18日(金)より全国ロードショー。

 ゲーム『モータルコンバット』は、1992年にリリースされた対戦型格闘ゲームシリーズ。相手にとどめを刺す残虐描写「フェイタリティ」を特徴としており、アメリカではその過激な内容から人気を誇っている。

 今回の映画版ではゲームおなじみのキャラクターが多数登場。ストーリーは封建時代の日本からはじまり、舞台は現代へ。総合格闘技選手コール・ヤングは金のために戦う日々を送っていた。ある日、魔界の皇帝シャン・ツンが放った刺客サブ・ゼロに命を狙われることになり、そこで世界の命運を懸けた格闘トーナメント「モータルコンバット」の存在を知ることになる。

 今回の解禁された7分にもわたる本編ノーカット映像では、ハサシ・ハンゾウが白井流の忍者として闘いの中に身を置きながらも、妻のハルミや子どもたちと過ごしているシーンからはじまる。そんななか、宿敵のビ・ハンからの襲撃を受けて最愛の家族を奪われたハンゾウが刀と体術を駆使、血しぶき立てながら敵を葬っていく。

(画像は映画『モータルコンバット』本編映像(冒頭ノーカット7分) 6月18日(金)公開より)
(画像は映画『モータルコンバット』本編映像(冒頭ノーカット7分) 6月18日(金)公開より)
(画像は映画『モータルコンバット』本編映像(冒頭ノーカット7分) 6月18日(金)公開より)
(画像は映画『モータルコンバット』本編映像(冒頭ノーカット7分) 6月18日(金)公開より)

 この圧巻のアクションシーンを披露した真田広之さんは、「アクションだけがショータイムのように先行してもいけないし、物足りなくてもいけないので、しっかりと、なぜ今このキャラクターは戦っているのか、戦っている時に何を考えているのか、その振り付けの一手一手に感情のサブタイトルが見えるような、そういうシーンにしたいね。という話を(監督と)していたので、それを確実に観客に届けたい」とコメント。

 さらに「おもにアクションへの期待が大きい作品だと思うので、期待に応えながらも、しっかりとドラマやキャラクターに感情を刷り込んでいく、アクションに流されず、ドラマに溺れず、バランスをとるのが、一番の挑戦でしたね」とも話した。

 この冒頭シーンについて、本作を監督したサイモン・​マッコイド監督も「映画の最初で、素晴らしいエモーショナルな演技を与えくれる役者がいることは、僕にとってとても重要だった。本当に彼は素晴らしい役者だ。僕が見たことのないやり方で刀を使うことが出来る。彼の刀の使い方は見事だよ。そして、彼は素晴らしいファイターでもある。彼にはとても多くの経験があって、運動能力に長けている。そして、彼はとても謙虚だ。彼のことは大好きだよ」と真田を絶賛した。

 ハリウッドの精鋭たちが作り上げた圧倒的なアクション描写、そして重厚なヒューマンドラマをも楽しむことが出来る映画『モータルコンバット』は、6月18日(金)より全国ロードショーだ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ