妖怪旅館での日々を描く『Yokai Inn』の最新映像が公開。和風ファンタジー世界と可愛いドット絵が特徴のスローライフ・シミュレーション

 ShibaPixelsはゲーム情報番組「Wholesome Direct – Indie Game Showcase 6.12.2021」にて、スローライフ・シミュレーション『Yokai Inn』の新しいトレーラーを公開した。プラットフォームはPC(Steam)、モバイル。将来的にはNintendo Switchでの展開も視野に入れている。発売日は未定。

 『Yokai Inn』(ヨウカイ イン)は、異世界の妖怪たちを常連客として現れる旅館を発展させ成長させるスローライフ・シミュレーションゲーム。

 廃墟と化した旅館に避難することになった主人公は、日が沈むと同時に異世界の常連客である妖怪たちで賑わうことに気付く。旅館を切盛りすることになった主人公は、かまどや床の掃除、農業、釣り、料理、採掘、クラフトなど旅館の業務に勤しむこととなる。さまざまな妖怪、巫女との交流もできるようだ。

(画像は『Yokai Inn』公式サイトより)
(画像は『Yokai Inn』公式サイトより)
(画像は『Yokai Inn』公式サイトより)
(画像は『Yokai Inn』公式サイトより)

 開発を手がけるのはフィリピンに拠点を置く個人ゲーム開発スタジオ・ShibaPixels。本作は『牧場物語』『どうぶつの森』シリーズなどのタイトルに影響を受けており、クォータービューで構成されたその可愛らしいドット絵が特徴。和風の世界観を基調としながらが、どこかファンタジーな雰囲気を漂わせた世界観も印象的といえる。

 本作はまだ開発初期であり、いずれクラウドファンディングをすることも視野にいれているという。本作の動向が気になった人は公式Twitterをフォローしてみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ