映画『モータルコンバット』より浅野忠信さん演じる「ライデン」の最新映像が公開。主人公たちと対峙する一幕のほか電撃を繰り出す場面も

 ワーナーブラザースジャパンは、同名格闘ゲームを映画化した映画『モータルコンバット』の最新映像を公開した。作中で雷神「ライデン」を演じる浅野忠信氏が登場する一幕が描かれており、物語の大きな展開を予感させる象徴的なシーンとなっている。

 原作である対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』は、1992年にアーケードゲームとしてリリースされて以来、数々の続編やスピンオフが制作された人気シリーズ。

 相手にとどめを刺す際の残虐描写「フェイタリティ」をはじめ過激な内容で知られる本シリーズは海外での人気も高く、メディアミックスとしてアニメ、コミック、ウェブドラマなどが制作され2度の映画化も果たしている。

(画像はYouTubeより)

 本映画の主人公は、シリーズ初登場となる胸にドラゴンの形のアザを持つ総合格闘技選手「コール・ヤング」。魔界の皇帝が放った刺客「サブ・ゼロ」に命を狙われたのを契機に、魔界の敵と戦う戦士に選ばれた自身の使命や世界の命運を懸けたトーナメント「モータルコンバット」の存在を知り、仲間たちとともに強大な敵へと立ち向かう物語が繰り広げられる。

 本作にはソニア・ブレイド、カノウ、スコーピオンといった原作でもおなじみの面々も登場し、浅野忠信氏が演じる雷神「ライデン」もそのひとりだ。今回公開された映像では、ライデンが主人公たちと初めて対峙する一幕が描かれ、電撃を操りカノウを一蹴する姿が収められている。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 プレスリリースによると浅野氏は本作の役作りに対し、台詞の行間だけでなく脚本のすべてを読み込んで臨んだという。また、ライデンのビジュアルにも強いこだわりを示し、象徴的な「笠」は外すべきではないと自ら監督に伝えたとのこと。浅野氏の深いキャラクター造詣が生む重厚な演技にも注目だ。

 本作の指揮を務めるのは、広告業界で活躍し今回が長編映画監督デビュー作となるサイモン・マッコイド氏。製作陣には『ソウ』『アクアマン』をプロデュースしたジェイムズ・ワン氏をはじめ、『IT』『透明人間』の音楽を手がけたベンジャミン・ウォルフィッシュ氏などが名前を連ねており、単体作品としてだけでなく往年のシリーズファンも楽しめる一作となりそうだ。

 映画『モータルコンバット』は6月18日(金)より全国で公開。なお本作はR15指定となっている。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ