700本以上の無料体験版が遊べる「Steam Next Fest」開催。美しいグラフィックの『Sable』やどこかで見た伝説の傭兵っぽい人が登場する『UnMetal』など、遊び切れそうもない量

 Steamにて今後登場するゲームの体験版などを配信するイベント「Steam Next Fest」6月版がスタートした。700本以上の体験版が期間限定でリリースされ、Steamページではさまざまなゲームのライブストリーミングも実施される。

 Steam Next Fest 6月版は6月23日(水)午前2時まで。公式ページではギチギチのスケジュールで開発者らによるライブストリーミングも行われる。

(画像はSteam公式Twitterアカウントより)

 700本以上ある体験版から好みのものを探すのはなかなか大変だ。Steam Next Festのページにはさまざまな形で体験版を探す方法を提供している。ウィッシュリストに登録されたゲームに体験版があれば表示されるし、ジャンルやテーマごとに探すこともできる。

 忘れずに遊んでおきたいのは砂漠を舞台にしたオープンワールドアドベンチャー『Sable』だ。2021年発売のゲームでは特に注目作の1本といえる。(参考:素敵なグラフィックのオープンワールドアドベンチャーゲーム『Sable』の無料体験版がリリース

 8月13日リリース予定の剣戟バトルロイヤル『NARAKA: BLADEPOINT』のファイナルベータテストもSteam Next Fest期間中に行われる。予約も始まっているので、興味がある方はベータテストに参加してほしい。

(画像はSteam『Sable』より)
(画像はSteam『NARAKA: BLADEPOINT』より)

 キャンペーンモードが遊べるようになったスタントFPS『Severed Steel』もオススメだ。壁を走りスライディングやジャンプで敵を翻弄しながらスローモーションで敵を倒すスタイリッシュなゲームになっている。

 コメディアクション『UnMetal』は日本語に対応した体験版がリリースされている。見ての通り2Dだったころの『メタルギア』に強く影響を受けており、伝説の傭兵によく似た見た目の「ジェシー・フォックス」への取り調べという形でゲームが進む。

 ある大学生が共同生活を送ったアパートに別れを告げるアドベンチャー『ノーロンガーホーム』も日本語対応の体験版がリリースされた。不確かな将来への不安や別れなど、作者の自伝的作品になっている。

 ほかにも、かわいいスローライフゲーム『Little Witch in the Woods』、一人称視点パルクールバスケゲーム『Grapple Hoops』、亡くなった妻のために狂う錬金術師の姿を描く『My Lovely Wife』など、とにかくオススメするゲームを挙げるだけでも大変な体験版の量だ。

(画像は『UnMetal』より)
(画像はSteam『Little Witch in the Woods』より)

 「Steam Next Fest」6月版は6月23日(水)午前2時まで。とにかく遊びきれない量の体験版がリリースされているので、週末を利用して興味があるゲームを試してみてほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ