打越鋼太郎氏シナリオによる推理アドベンチャーゲームの続編『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』発表。前作で登場した女の子・みずきが新たに主人公に

 スパイク・チュンソフトは、推理アドベンチャーゲーム『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』を発表した。プラットフォームはPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam、Windows 10)。発売は2022年の春。

 『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』は、2019年に発売された『AI: ソムニウム ファイル』続編。前作の主要スタッフが続投しており、シナリオを打越鋼太郎氏、ディレクターを岡田昌氏、キャラクターデザインをコザキユースケ氏、サウンドをいとうけいすけ氏が務めている。

 6年前、「右半分の変死体」が発見されたが、その変死体の「左側」は捜索しても見つかることがなかった。6年の月日が流れ、左半分の変死体が発見されるも、その「左側」はまったく腐敗しておらず、ついさっきまで生きていたかのようだった。新人捜査官の「みずき」は、自立制御型AIロボットの「アイボゥ」と共に、この「Half Body連続殺人事件」の捜査を開始する。

(画像はYouTube「アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ | アナウンス予告」より)
(画像はYouTube「アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ | アナウンス予告」より)
(画像はYouTube「アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ | アナウンス予告」より)
(画像はYouTube「アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ | アナウンス予告」より)
(画像はYouTube「アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ | アナウンス予告」より)

 『AI: ソムニウム ファイル』では、警視庁特殊捜査班「先進式人脳捜査部隊」に所属する警察官・伊達鍵が主人公だったが、本作では前作で12歳の小学生として登場した沖浦みずきが大人になっており、主人公として操作できる。

 また前作でも主人公の義眼に埋め込まれていた相棒のAI、アイボゥが自立制御型AIロボットとなって登場。前作のように主人公のサポートをしてくれるようだ。公開されたトレーラーでは、みずきがポータブルゲーム機で『極限脱出 9時間9人9の扉』をプレイしているシーンが登場している。

 今回の発表は本日より2日前に公開されていたテレビと眼球をビジュアルとした、9つの謎解きが用意されたティザートレーラーの内容が明らかになった形。その答えはニルヴァーナ イニシアチブだったが、それがそのまま本作のタイトル名だった。

 また『AI: ソムニウム ファイル』といえば、劇中で登場するネットアイドルの「A-set」こと「左岸イリス」のYouTubeとTwitterで実際に活動している。ゲーム発売後もTwitterは稼動をしており、どのように物語と絡んでいくのかが気になるところ。

 『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』は2022年春発売予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧