破壊描写が美しいぶっ壊しサンドボックス『ABRISS – build to destroy』Steamページオープン。2022年第1から第2四半期までに発売予定

 ベルリンに住む3人の学生のゲーム開発会社Randwerk Cooperativeは、ぶっ壊しシミュレーションゲーム『ABRISS – build to destroy』Steamストアページを公開した。2022年第1から第2四半期までにゲームを発売する。価格は未発表だ。

 『ABRISS – build to destroy』は美しい破壊描写が魅力のサンドボックスゲームだ。マップ内には破壊すべきターゲットがあり、プレーヤーはターゲットを破壊するためにさまざまなパーツを組み合わせた破壊機械を設計する。

 たとえば、回転する土台にレーザーをくくりつけてターゲットをレーザー攻撃でたたき壊してもいい。あるいは、スラスターと爆弾を組み合わせてロケットを作ってぶつけてもいい。あるいは、単純に巨大な建物を作り、それを倒して物理でターゲットを押しつぶしたっていい。ターゲットを破壊すれば、どんな機械でもOKなのだ。

(画像はSteam『ABRISS – build to destroy』より)
(画像はSteam『ABRISS – build to destroy』より)

 キャンペーンモードではお題に沿ってさまざまな破壊に挑戦することになる。限られたパーツだけが使えるので、戦略的にぶっ壊さなければならない。ステージにはパーツ以外にも使える環境があるので、それらもうまく利用しよう。ステージを何度もやり直し、より少ない手順でターゲットを破壊したり、ターゲットをより粉みじんにしたりするなどチャレンジもさまざまだ。クリアするごとに新しいパーツも手に入る。

 本作の大きな特徴は、その圧倒的な破壊美だ。破壊されたブロックがほかのブロックにぶつかって連鎖的に崩れ落ち、小さなブロックに粉みじんになって倒壊する様子はかなりの美しさとなる。

 フォトモードも搭載されているので、決定的な瞬間をスクリーンショットに収めることも可能。さらに、プレーヤーが引き起こした破壊を逆再生したループ動画として残すこともできる。

(画像はSteam『ABRISS – build to destroy』より)
(画像はSteam『ABRISS – build to destroy』より)

 

 『ABRISS – build to destroy』は2022年第1から第2四半期にかけて発売予定だ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ