『Apex Legends』がクラッキング攻撃を受ける。プレイリストが破壊されゲームがプレイできないとの報告多数。開発は現在攻撃に対応中

 人気バトロワFPS『Apex Legends』がクラッキングを受けている。プレイリストが攻撃され、被害を受けたプレーヤーがゲームを遊べなくなっている不具合が多数報告されている。PC版だけでなく、コンソールや日本語版でも被害報告がなされている。

(画像は『Apex Legends』Redditより)

 被害者がゲームを始めようとすると、「タイタンフォールを救え」というウェブサイトにアクセスするように求める重要メッセージが表示される。攻撃の真意は不明だが、近頃大規模なDDoS攻撃などを受けまともなプレイが難しくなっている『Titanfall』シリーズに対する開発やクラッカーへの抗議と取れる内容になっている。

 そう思わせたい愉快犯などさまざまな可能性があるので、現時点ではクラッカーが『Apex Legends』を攻撃しているという表現にとどめるべきだろう。

 なお、当該サイトはこのクラッキング攻撃との関与を否定する声明を出している。ただし、クラッキングによるウェブサイトへの悪意ある改変が行われている可能性は否定できないので、当該サイトへアクセスするのは控えた方がいいだろう。

 ゲームを開発するRespawn Entertainmentはこの事実を認め、記事執筆時点でも対応中であることが公式Twitterアカウントで報告されている。日本時間11時頃に再び進捗を報告するとのことだ。

 ゲームに対しどのような改変が行われているか現時点では不明のため、被害が収まるまでゲームを遊ぶのは控えた方がいいだろう。どうしても遊びたいという方には、これを報じた海外メディアMP1stはこの攻撃への対処方法も報じている。それによると、以下の3つの対処方法が見つかっているという。

・「ESC」キーを押してから「メインメニューに戻る」をクリックして、再度ロビーに接続する
・メニューから接続サーバーを切り替える
・ゲームを再起動する

 繰り返しになるが、攻撃の被害が復旧するまではできるだけゲームをプレイすることは控え、Respawn Entertainment公式Twitterアカウントからの被害の終息発表を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧