『Chicken Police』iOS/Androidアプリ版の配信が開始。獣人たちが住む夜の街でトリ頭の刑事コンビが事件を捜査するノワールアドベンチャーがモバイルでも楽しめる

 Handy Gamesは、ハンガリーのブダペストに拠点を置くゲームスタジオThe Wild Gentlemenが開発するアドベンチャーゲーム『Chicken Police – Paint it RED!』(以下、『Chicken Police』)のアプリ版の配信をiOS/Android向けに開始した。

 『Chicken Police』は、2021年にリリースされたノワール風アドベンチャー。さまざまな獣人が住まい種族間の対立が生まれている世界で、袂を分かった「元英雄」のベテラン刑事コンビが、とある依頼から再びタッグを組み事件の調査に乗り出していくというストーリーだ。

 実写の動物の頭部と人体が融合した写実的でシネマティックなヴィジュアルと、ノワール映画から影響を受けた硬派な世界観が話題を呼び、高いオリジナリティで多数のアワードを獲得している本作。当初はコンソール機やPCのみに向けた発売だったが、ユーザーからの期待の声に応えモバイル端末での配信が実現した。

 主役である2羽のチキンポリスをはじめ、登場するのはいずれもクセが強く魅力的な人物ばかり。渋みのある中年イヌ刑事や脅迫事件に巻き込まれた美しきネコ歌姫、その恋人であるギャングのボスネズミといったキャラクターたちが、海外のプロ俳優陣によるフルボイス収録で危険な夜の街の物語を立体的に描き出している。

 ゲームのシステムは会話に軸を置いた「ポイント&クリック」スタイル。事件の調査を進めるため街の住人に聞き込みを行ったり、足を使った捜査やミニゲーム要素の入った尋問パートも展開される。本作は日本語にも対応しており、独自の世界観に切り込んだ名訳の数々は国内のファン人気も高い。人物のベースとなっている動物にちなんだジョークやユーモアにも注目だ。

 iOS/Android向けにリリースを開始した『Chicken Police』は、PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(SteamEpic Games Store)でも配信中。アプリの販売価格はiOS版が1100円、Android版が1280円(各税込)。なお、本作の対象年齢は12歳以上となっている。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧