家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」新型モデルが発表、10月8日に発売へ。有機ELディスプレイで鮮やかな発色を実現

 任天堂は7月6日(火)夜、有機ELディスプレイを搭載した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の新型モデルを発表した。10月8日(金)発売予定で価格は税込3万7980円となっている。

 発表によると、今回発売される新型Nintendo Switchのラインナップは「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」で計2色。本体のメモリー保存容量も64GBへ増量されており、既存のNintendo SwitchやNintendo Switch Liteとともに販売されることでライフスタイルや好みへ合わせてモデルを選べるという。

 最大の特徴である有機ELディスプレイは7インチで、通常のNintendo Switchに搭載されている6.2インチ液晶よりも大きい。しかし、本体サイズはNintendo Switchとほぼ変わらず、画面の縁が通常のNintendo Switchよりもスリムになっているようだ。

 また、本体を立てかける「テーブルモード」用の背面スタンドには、角度を無段階で調節できるフリーストップ方式を採用。本体全体をしっかりと支えられるワイドスタンドなので、テーブルモードでのゲームプレイを通常のNintendo Switchよりも快適に遊べるという。

 さらに、充電用ドックは新たに有線LAN端子を搭載。USB端子ふたつとテレビへ接続するためのHDMI端子ももちろん用意されており、より安定したネットワーク回線で通信プレイを楽しめるようだ。

 このほか、公式発表ではクリアなサウンドを楽しめる新しい本体スピーカーの存在にも触れられていた。

 特設ページ内にある「よくあるご質問」の項では、段ボール製の工作キットとNintendo Switchを組み合わせて遊ぶ『Nintendo Labo』シリー
ズの一部や、他社ソフトでゲーム体験に違いが起きる可能性や、通常・新型のNintendo Switchドックに相互の互換性があることも示されている。

 なお、これまでに発売された周辺機器への対応状況は任天堂公式サイトのNintendo Switch用周辺機器ページへ記載されている。キャリングケースやコントローラー関連などの周辺機器をお持ちの方は確認してみてほしい。

【更新 2021/7/6 22:49】記事初版およびツイートで価格を3万7890円と記載しておりましたが、正しくは3万7980円でした。訂正のうえお詫び申し上げます。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧