『東京クロノス』シリーズ最新作『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』発表、ティザーPVが公開。「時間もの」がテーマの作品か

 MyDearestは、『東京クロノス』シリーズ最新作『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』を発表し、あわせてティザーPVティザーサイトを公開した。プラットフォームは不明だが、VRタイトルとなる。発売は2022年上旬。

 『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』(ディスクロニア: クロノスオルタネイト)は、VRゲーム『東京クロノス』『ALTDEUS: Beyond Chronos』の直接的な続編ではないが、世界観がつながっている「クロノスユニバース」の完全新作タイトル。公式での略称は『ディスクロニア: CA』となる。

 公開されたティザーPVでは、デジタル上の仮想空間のような場所で人影が扉に入っていくシーンからはじまり、その後、短髪の謎のキャラクターが手に持つ時計を振りかざすと、時を遡るような演出とともにタイトルと「VR」の文字が出現。

 ティザーPVの最後には、時計の秒針が動くときの効果音が入り、「時を戻せ 全ての謎は過去にある」という文字があらわれた。このような演出から「時間もの」の作品と推測ができそうだ。

 同時に公開されたティザーサイトでは、「Enter the Keyword」という文字の下に謎の入力欄があり、どうやら特定のキーワードを入れることでギミックが開く仕掛けのようだ。ティザーPV、ティザーサイトとも多くの謎が残されていそうだ。

 今回、『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』の新たなTwitterアカウントも開設。また開設を記念したキャンペーンを7月31日まで実施するという。アカウントをフォローして当該ツイートをリツイートするとOculus Quest 2とアマゾンギフトカードが当たるとのことなので、本作の最新情報を入手するとともにプレゼントを狙ってみてはいかがはだろうか。

 『東京クロノス』シリーズ最新作『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』は2022年上旬に発売。続報に期待したい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ