任天堂、コロプラの『白猫プロジェクト』との特許権侵害訴訟について、「和解成立」と発表。コロプラがライセンスを含めた総額33億円の和解金を支払い、任天堂は訴えを取り下げ

 任天堂は、コロプラのスマートフォン向けゲーム『白猫プロジェクト』に関する、特許権侵害訴訟について、和解に合意したことを発表した。

 この特許権侵害訴訟は、『白猫プロジェクト』に関して特許権侵害があったとして、任天堂がコロプラに対して2017年12月から提訴していたもの。(参考:日本経済新聞)。

 今年4月には、任天堂側が請求金額を49億5000万円から96億9900万円に倍増(PDF)したことで、再び注目を集めた。

(画像は『白猫プロジェクト』公式サイトより)

 今回のプレスリリースは、任天堂とコロプラの両方から出されており、「当社特許についての今後のライセンスを含めた本件訴訟の和解金を支払い、当社が本件訴訟の訴えを取り下げることを内容」としている。

 コロプラのIRによると、「今後のライセンスを含めた本件訴訟の和解金として総額33億円を支払い、任天堂が本件訴訟の訴えを取り下げることを内容としております」として、33億円を特別損失に計上している。

 その他、具体的な内容については、「法令規則上の義務による開示を除き、本件訴訟に係るその他の和解条件については、秘密保持義務により公表できません」としている。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ