オープンワールド殺人ミステリー『パラダイスキラー』の日本語版がNintendo Switchにて8月20日に発売。強烈な個性を持つキャラクターや日本のシティポップなどに影響を受けたサントラが魅力

 レオフルは8月11日(水)、オープンワールド殺人ミステリー『パラダイスキラー』の日本語版をNintendo Switchにて8月20日(金)に発売すると発表した。

 本作は、3Dで作成されたワールドを自由に歩き回って捜査するオープンワールドミステリー。プレイヤーは主人公で捜査オタクのレディ・ラブ・ダイとして、電子アシスタントのスターライトと力を合わせて熱帯の島・パラダイス島で起こった恐ろしい密室殺人を解決へ導くこととなる。

 一目見ただけでわかる強烈な個性と動機を持ったそれぞれのキャラクターは、全員が容疑者。犯人を誰とするかも自由で、裁判でしっかりとした推理を展開できれば有罪判決。事件は解決したとみなされる

 さらに、舞台となるパラダイス島もエイリアンや古代文明など多くの秘密を抱えている。プレイヤーは密室殺人の謎だけでなく、島の超現実的な歴史にも迫っていくこととなる。

 今作のサウンドトラックを手がけるのはフランスのコンポーザーであるBarry “Epoch” Topping氏。ゲームのサウンドトラックを取り扱うBLACK SCREEN RECORDSより発売されているCD版サウンドトラックは、ジャケットは鈴木英人氏や1980年代アニメのエッセンスを感じるイラストデザインされ、レコード風の太めな帯も付属の非常に凝った仕様となっている。

 本作の怪しく薄暗い、けれども魅力的な雰囲気にピッタリなヴェイパーウェイブやフューチャーファンク、シティポップといった楽曲が収録。開発を手がけたKaizen Game WorkのYouTubeチャンネルでは一部楽曲の試聴も可能となっているので、こちらもぜひ作品と併せてチェックしてほしい。

 現在は完売してしまっているものの、レコード版のサウンドトラックも発売されていた。こちらはヤシの木と独特の色合いが1980年代ムードたっぷりなジャケットや、ピンクと水色の盤面がキュートな1枚となっている。

 価格は税込2500円。現在予約受付中で、9月6日(月)までは10%オフの2250円で購入できる。

 リリース全文は以下のとおり。

ゲームパブリッシャーのレオフル (Leoful) は、Kaizen Game WorksとFellow Traveller開発のオープンワールド殺人ミステリー『パラダイスキラー』の日本語版を、Nintendo Switchで2021年8月20日(金)に配信いたします。PC Steam版も同時に配信開始です。なお、本日よりNintendo Switchダウンロード版をニンテンドーeショップでご予約いただけます。

予約開始にともない、『パラダイスキラー』の世界やキャラクターを紹介するローンチトレイラーをYoutubeに用意しました。

『パラダイスキラー』はユニークなアートスタイル、キャラクターデザイン、シティポップのBGMを特徴とする、革新的なオープンワールド殺人ミステリーです。熱帯の島を舞台に、プレイヤーは捜査官のレディ・ラブ・ダイとして殺人事件を解決させることになります。容疑者を尋問し、証拠を集め、隠されたエリアを見つけましょう。どの容疑者を告発しても構いませんが、有罪に持ち込むには裁判で立証しなくてはなりません。

『パラダイスキラー』はBAFTA(英国アカデミー賞受賞者)である二人組の開発チーム、Kaizen Game Worksによる作品です。

「パラダイスキラー ローンチトレーラー」https://youtu.be/7eSE2lB7SpE

『パラダイスキラー』配信開始記念セールがNintendo Switchで実施中!

『パラダイスキラー』の配信開始を記念して、10%OFFセールがニンテンドーeショップで実施中です。

価格:2,500円 ⇒ 2,250円(10%OFF)

セール期間:2021年8月11日(水)から2021年9月6日(月)まで

マイニンテンドーストアで予約:https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000037418.html

『パラダイスキラー』4つ注目ポイント

1. オープンワールドで繰り広げられる殺人捜査アドベンチャー

舞台となるのは、ヴェイパーウェイヴの様式を模したフル3Dのオープンワールドで表現されたパラダイス島。建物や丘、ランドマークを走り、飛び越え、手掛かりを探したり、証拠を集めたり、容疑者から話を聞いたりしよう。

2. 80年代のJポップにインスパイアされたシティポップサウンド

『パラダイスキラー』では、Barry “Epoch” Toppingによる1980年代の日本にインスパイアされたシティポップサウンドが使われており、島や住民たちの魅力や暮らしをより魅力的に見せている。

3. 告発する容疑者を自由に選べる

『パラダイスキラー』で出会う容疑者たちははみな強烈な個性と動機をもっていて、とてもファッショナブル。新たに発見した証拠によって、これまで仲間だと思っていた人物が、一転して容疑者になることも。容疑者たちの話を聞き、誰が有罪なのか決めよう。

4. 2020年に世界でもっともたくさんレビューを集めたゲームのひとつ

『パラダイスキラー』は斬新なゲームプレイ、ストーリー、キャラクターデザイン、サウンドトラックが絶賛され、IGN、GameSpot、Destructoidなどの海外のメディアでメタスコア82という非常に高いスコアを獲得している。また、PC Gamerによって”Best Adventure Game of 2020″に選出され、2021年の”IGFアワード”のグランプリファイナリストである。

あらすじ
現実離れした島。死んだ宇宙人を蘇らせようとする悪質な人間たちの文明。密室殺人。

パラダイスは数千年ごとに再生する島だ。そこではエイリアンを崇拝する者たちが堕落した神々に力を与え、いつの日か復活させるべく宇宙に向けてサイキックパワーを放っている。だがその力は各島を崩壊させようとする悪魔たちの興味を引いた。その悪行は議員が新たなリアリティを創生するまで続く——。

システムは完璧ではないが、いつか——次の島、パーフェクト25になれば完璧なものになるだろう。だが再生の前夜に議員が殺害され、パラダイスも殺されてしまう。

そのあおりを受けて、捜査オタクのレディ・ラブ・ダイが犯人捜しのために亡命先から呼び出された。これはあらゆる犯罪を終わらせるための犯罪なのだ。

事実とは何なのか? 真実とは? 二つは同じものなのだろうか?

商品情報 (Nintendo Switch)
タイトル: パラダイスキラー
対応プラットフォーム: Nintendo Switch
発売日: 2021年8月20日(金) (ダウンロード版)
希望小売価格: 2,500円 (税込)
ジャンル: オープンワールド殺人ミステリー
言語: 日本語、英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)
プレイ人数: 1
発売会社: レオフル
開発会社: Kaizen Game Works
対象年齢: IARC 16+
Paradise Killer © and ® 2021 Kaizen Game Works Limited. Developed by Kaizen Game Works. Fellow Traveller ® is a registered trademark of Surprise Attack Proprietary Limited trading as Fellow Traveller Games. All Rights Reserved. Licensed to and published by Leoful.
商品情報 (Steam PC)
タイトル: パラダイスキラー
対応プラットフォーム: Steam PC
発売日: 2021年8月20日(金) (ダウンロード版)
希望小売価格: 2,050円 (税込)
ジャンル: オープンワールド殺人ミステリー
言語: 日本語、英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)
プレイ人数: 1
発売会社: レオフル
開発会社: Kaizen Game Works
Paradise Killer © and ® 2021 Kaizen Game Works Limited. Developed by Kaizen Game Works. Fellow Traveller ® is a registered trademark of Surprise Attack Proprietary Limited trading as Fellow Traveller Games. All Rights Reserved. Licensed to and published by Leoful.

リンク
『パラダイスキラー』 公式サイト
Nintendo Switchダウンロード版を購入

レオフル HP

レオフル ツイッター

レオフルについて
レオフルは2019年に二人のゲーマーが設立した、国際的なビデオゲームパブリッシャーです。私たちは、楽しくて、独創的で、革新的なゲームをアジアや世界じゅうの人々に紹介することを目指しています。レオフルがこれまでにリリースした作品には、『アルパカボール オールスター』、『アンセスターズレガシー』, 『Georifters』、『イトルデュー 2+』、 『パラダイスキラー』があります。

Kaizen Game Worksについて
Kaizen Game Worksは英国に拠点を置く独立系ゲームスタジオで、長2018年にゲーム業界のベテラン2人によって設立されました。KaizenはBAFTA(英国アカデミー賞)に輝くAAAナラティブゲームや高い人気を誇るハイエンドモバイルゲームの開発経験を活かし、ゲームナラティブに関するルールやプレイヤーのゲーム体験に変化をもたらしたいと考えています。プレイヤーのエージェンシーとストーリーとの相互作用を重視し、プレイヤーが自分だけの物語を作り上げ、ゲーム内で自己表現をできるような作品を目指しています。

Fellow Travellerについて
Fellow Travellerはナラティブゲームの可能性を追求するインディーゲームレーベルで、ストーリーテリングメディアとしてのゲームの幅広く、まだ見ぬ可能性の発見に情熱を傾けています。物語をコアとするこれまでにないゲームを開発している先駆的なゲーム開発者を見つけ、その作品を世に送り出すことで、ほかとは違うゲームを求めているプレイヤーに届けることを使命としています。

Fellow Travellerがこれまでリリースしたゲームには、サイバーパンク風の”Taxicab Confessional”(註: タクシー内の隠しカメラで撮影されたドキュメンタリー)である『Neo Cab』、実際のUnixコマンドを使ったハッキングゲームの『Hacknet』、ビッグ・ブラザーの立場で展開する監視スリラーシリーズ『Orwell』、ビッグバン前後を描くノワールアドベンチャーの『Genesis Noir』があります。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ