『チェンソーマン』デンジ&パワーなど3組のバディを描くオリジナル小説『チェンソーマン バディ・ストーリーズ』が11月4日に発売決定

 JUMP j BOOKSは、人気漫画『チェンソーマン』を原作とした小説『チェンソーマン バディ・ストーリーズ』を11月4日(木)に発売すると発表した。

 『チェンソーマン』は、人間の恐怖を原動力とする「悪魔」が存在する世界を舞台に、悪魔を身に宿すデビルハンター「デンジ」の活躍を描く物語である。第1部である「公安編」が2019年から2021年にかけて週刊少年ジャンプ誌面で連載された。
 作者の藤本タツキ氏は、『ファイアパンチ』を2016年から2018年まで「少年ジャンプ+」にて連載、2021年7月に公開された『ルックバック』はジャンプ+史上もっとも多く閲覧された読み切り作品となった。

藤本タツキは『ルックバック』を“描かずにはいられなかった”のではないか?──「受け手に湧き上がる衝動によって駆動する物語」としての『ルックバック』を考える

 今回発表された小説『チェンソーマン バディ・ストーリーズ』の著者は漫画『地獄楽』のノベライズなどを手がけた菱川さかく氏。デンジ&パワー、姫野&アキ、岸辺&クァンシ、の3組のバディに関するオリジナルストーリーが描かれる。カバー、挿絵については藤本タツキ氏の描きおろしイラストが用いられるようだ。

 原作『チェンソーマン』は第2部の連載に向けて準備中とのこと。2021年6月にはMAPPA制作のアニメ版『チェンソーマン』ティザーPVも公開された。さらなる発展を続ける本作から、まだまだ目が離せない。 

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ