物理サンドボックス『Garry’s Mod』が2千万セールスを達成。Steamワークショップには160万以上のアイテムが並ぶ

 開発元Facepunch Studiosは物理サンドボックス『Garry’s Mod』が2千万セールスを達成したことを発表した。

 『Garry’s Mod』は2006年にSteamでリリースされた物理サンドボックスゲーム。目標やゴール、クリアといった概念のない言わば「遊び場」のようなゲームである。モデルを並べて写真を撮る、物理エンジンによってオブジェクトが荒ぶる様子を見て楽しむ、新たなゲームモードを作り出すなど、遊び方は多種多様。無限の可能性を秘めている。

 『Half-Life 2』などの人気タイトルのモデルが扱えるほか、ユーザーによる個人製作が非常に盛んであることも本作の特徴だ。2021年9月現在、Steamのワークショップに公開されたアイテムは総計160万を超える。

物理サンドボックス『Garry’s Mod』が2千万セールスを達成。Steamワークショップには160万以上のアイテムが並ぶ_001
(画像は『Garry’s Mod』Steamストアページより)

 さらに、アドオンを導入することで単なるサンドボックスにとどまらず、協力、対戦プレイのマルチプレイゲームのような遊び方をすることも可能となる。こちらも、他のユーザーが作成したものを入手し遊んでみることができる。

人気の人狼ゲーム『Among Us』を一人称視点ゲームで遊ぶような『Garry’s Mod』用Modが話題に。背後が見えない、障害物で視界が遮られるなど新しいプレイ感覚が味わえる

 『Garry’s Mod』は現在Steamにて980円で販売中。また『Garry’s Mod』の精神的後継となる『s&box』も現在開発中となっている。公式サイトによれば、『s&box』はあと半年から1年ほどかけてリリース可能な状態に到達し、その後10年から20年にかけての改善が行われていくとのこと。こちらの続報も楽しみに待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ