直筆原稿やカラー原画300点以上を展示する「大ベルセルク展〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」9月10日に開幕。平沢進氏・行成とあさんのメッセージも公開

 白泉社は、9月10日(金)に始まるイベント「大ベルセルク展〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」(以下、大ベルセルク展)について、原作者の故・三浦建太郎氏と親交の深かったミュージシャンの平沢進氏とアニメ・劇場版『ベルセルク』で「キャスカ」役を務めた行成とあさんからのメッセージ動画を公開している。

 本イベントは池袋・サンシャインシティ 展示ホールAで9月10日から23日(木・祝)まで開催予定だ。20時閉場で入場は10時から19時まで。当日料金はいずれも税込で一般2000円、音声ガイド700円のほか、記念グッズ付き入場券2種も販売される。

 今回の「大ベルセルク展」では、漫画『ベルセルク』の連載時における直筆原稿・カラー原画300点以上を展示。株式会社謙信とプライム1スタジオが手がけた各種スタチューのほか、本イベントのために制作された各種ジオラマなど、貴重な展示物の数々を鑑賞できる。

 また、会場では公式図録「THE ARTWORK OF BERSERK」や“生贄の烙印”が浮き出る醤油皿、ベヘリットの顔がプリントされたたまごパンなどの関連グッズも購入可能だ。

エントランスには新装版1巻のフォトスポットも設置される
(画像は「大ベルセルク展 公式サイト」より)

 なお、混雑緩和のため、会場は一部入場時間指定制となる。入場を希望する人は、会場の状況によって整理券配布や入場制限が実施される可能性を含む点を十分に留意されたい。

  「大ベルセルク展」に関するリリース文は以下のとおり。

平沢進と行成とあのメッセージ動画を連日公開! 「大ベルセルク展〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」は、いよいよ9月10日(金)から東京・池袋のサンシャインシティ 展示ホールAにて開催!

いよいよ9月10日の開催を目前に控えた「大ベルセルク展〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」に向けて、アニメやゲームでの楽曲提供で三浦建太郎先生と親交の深かったミュージシャン・平沢進さんからメッセージ動画をいただきました。『ベルセルク』に対する想いを語ってくれています。

また、明日9月9日正午には、映画やTVアニメでキャスカ役を演じてくださった行成とあさんからのメッセージ動画も公開いたします。いずれも「ヤングアニマルyoutubeチャンネル」にて公開いたしますので、ぜひご視聴ください。

平沢進メッセージ動画:https://youtu.be/TleVJ0r5GGU

平沢進(ひらさわ・すすむ)プロフィール

東京都出身。1979年にP-MODEL結成。

テクノポップ / ニューウェイヴの中心的な存在となる。

1994年より自ら考案した、コンピュータとCGを駆使して観客との相互コミュニケーションにより展開する「インタラクティブ・ライブ」を開催。

1999年には日本でいち早くインターネットによる音楽配信を開始するなど、常に時代に先駆けた姿勢で音楽活動を行い、音楽業界内外のさまざまなアーティストたちへも影響を与え続けている。

2002年の(財)デジタルコンテンツ協会主催『デジタルコンテンツグランプリ』では、2000年に開催された『インタラクティブ・ライブ・ショウ2000「賢者のプロペラ」』が「作品表彰の部」の最高賞である「経済産業大臣賞」と「エンターテイメント部門最優秀賞」を受賞。

また、アニメーションやゲーム等への楽曲提供も行っており三浦建太郎・作の漫画『ベルセルク』の劇場版・テレビ版・ゲーム版のサウンドトラックを担当している。

2009年からはTwitter(@hirasawa)も開始。音楽作品のみからでは汲みきれない平沢ならではの独自の世界観が人気を呼んでいる。

現在はソロ「平沢進」と、P-MODEL時代の作風を継承したプロジェクト「核P-MODEL」として主に活動中。

2021年現在、オリジナルアルバムのみでも、P-MODELで12枚、平沢進で14枚、核P-MODELで3枚の作品を発表している。

2021年7月、平沢進最新アルバム「BEACON」を発売。

公式サイト https://susumuhirasawa.com

行成とあメッセージ動画(9月9日正午公開):https://youtu.be/Pm2o8y9-IeY

行成とあ(ゆきなり・とあ)プロフィール

声優、ナレーター。

映画「ベルセルク 黄金時代篇」、TVアニメ「ベルセルク」では、キャスカ役を務める。

主な出演作に、映画「ベルセルク 黄金時代篇」、TVアニメ「ベルセルク」キャスカ役のほか、
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」クローディア・ペール役、「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」香燐役、「ぐらんぶる」浜岡梓役、「ワンダヴィジョン」ワンダ・マキシモフ役、ゲーム、「Apex Legends」アッシュ役、「グランブルーファンタジー」フロレンス役など。

「大ベルセルク展〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」開催概要

会期:2021年9月10日(金)~23日(木・祝)
営業時間:10:00~19:00 *最終日17:00閉場
会場:池袋・サンシャインシティ 展示ホールA
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-3
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 4F
主催:「大ベルセルク展」実行委員会
協力:WOWOW、フィールズ
展示協力:株式会社謙信(ART OF WAR)、株式会社プライム1スタジオ、株式会社マックスファクトリー

◎入場時のご注意
※本展覧会には一部刺激の強い表現・描写が含まれております。ご了解の上ご来場ください。

◆チケット

一般:1,800円 (当日券2,000円) ※小学生以下無料
記念グッズA(ART OF WAR製作 本展記念ベヘリット ペンダント)付き:5,000円(当日:5,200円)
記念グッズB(ドラゴンころし ピンバッジ)付き:2,500円(当日:2,700円)
音声ガイド:700円
※表示価格は全て税込み価格です。
※グッズは各個数制限を予定しているものもございます。
※購入時に入場券を確認させて頂きます。
※様々な状況を鑑み、前日程で企画しておりました「特別内覧会」は中止致します。ご理解賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

<入場方法>
混雑緩和のため一部入場時間指定制とさせていただきます。

チケット販売期間  〜9/9(木)23時59分
販売URL https://l-tike.com/event/berserk-ten/
Lコード 33555

※会期初日・土日祝の全時間帯、及び平日の10~11時は日時指定制となります。
※それ以外の時間帯(会期初日を除く平日11時~)につきましては日時のご指定なくお入りいただけます。
※会場の状況によって整理券を配布する場合や、ご来場時間によっては入場をお断りする場合もございます。予めご了承下さい。
※日時指定券ならびに記念グッズA・B付き入場券は無くなり次第販売を終了いたします。

『ベルセルク』1巻書影 ©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

『ベルセルク』とは

「月刊アニマルハウス」(白泉社)にて1989年に連載開始。その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移した。

重厚なストーリー、魅力あるキャラクター、圧倒的で緻密な作画、そして何者にも追随を許さぬ創造力。読者の心と人生に強い衝撃と感動を与え、日本の読者だけでなく世界の読者をも魅了。海外では、延べ20の国と地域で翻訳されている。

剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描く、全世界シリーズ累計発行部数5000万部(紙+電子)のダークファンタジーコミック。最新41巻は、今年12月24日発売。

1997~1998年にテレビアニメ化、2012~2013年に3部作で劇場アニメ化、2016~2017年に再度テレビアニメ化。

「大ベルセルク展」開催に際して実施した「大ベルセルク展に巨大ゾッド像を降臨させよう!!」クラウドファンディング(https://greenfunding.jp/lab/projects/3955)は、目標を達成。

公式サイト:https://www.younganimal.com/berserk/
公式Twitter:https://twitter.com/berserk_project

【あわせて読みたい】

【『ベルセルク』三浦建太郎×『ペルソナ』橋野桂&副島成記】ダークファンタジーの誕生で目指した“セックス&バイオレンス”の向こう側

『ペルソナ』シリーズのキャラクターデザインを手がけてきた副島成記氏による連載シリーズ第3弾。三浦建太郎氏をゲストに迎え、アトラス社内に「スタジオ・ゼロ」を創設した橋野桂氏も交えた2019年の鼎談記事

「ゲーム」の歴史を変えた「漫画」──『ベルセルク』が与えた「剣の衝撃」とは何だったのか【追悼・三浦建太郎】

ゲームシーンへ大きな影響を与えた「ドラゴンころし」へフォーカスを当て、急性大動脈乖離のため2021年5月6日に逝去した三浦建太郎氏を追悼する記事

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ