地図の制作などを手がけるゼンリンが「龍が如く」シリーズの舞台・神室町を住宅地図風にして公開。伊勢佐木異人町の地図に続くコラボ第2弾

 地図情報の調査や地図の制作、販売を手がけるゼンリンは9月14日(火)、「龍が如くスタジオ × ゼンリン Twitterコラボ」の第2弾として同スタジオが手がけるタイトルに登場する街「神室町」の住宅地図帳風の画像を公式Twitterにて公開した。

画像はゼンリン公式Twitterrより

 今回公開された地図は、木村拓哉氏が主演を務めるシリーズ1作目『JUDGE EYES:死神の遺言』に登場した神室町をゼンリンが実際にプレイしてビル名などを調査して完成したとのこと。公式Twitterではビッシリと書き込まれたビル名のメモを確認できる。

 龍が如くスタジオとゼンリンの親交は2020年4月に、ゼンリン公式Twitterがセガ公式Twitterへ「伊勢佐木異人町の住宅地図勝手に作ったら、セガさん怒ります⁇」とリプライをして始まったもの。

 その約1ヶ月後となる2020年5月には、『龍が如く7 光と闇の行方』の舞台・伊勢佐木異人町の住宅地図が公開された。なお、こちらの地図は龍が如くスタジオにも地図表記を確認したものとのことだ。

 今回地図になった神室町が舞台になっている、シリーズ最新作『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』は9月24日(金)に発売予定。発売後は公開された地図を片手に、神室町を散歩してみてはいかがだろうか。

画像は『LOST JUDGEMENT 裁かれざる記憶』公式サイトより
ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ