『エイリアン』シリーズを原作とする協力型マルチプレイTPS『エイリアン:ファイアーチーム エリート』発売開始。最大3人までの協力プレイが楽しめる

 3gooは9月16日(木)、協力型三人称視点サバイバルシューティングゲーム『エイリアン:ファイアーチーム エリート』を国内に向けて発売した。あわせて、本作のローンチトレーラーも公開された。

 『エイリアン:ファイアーチーム エリート』では、オリジナルの『エイリアン』三部作から23年後を舞台としたストーリーが描かれる。4つのキャンペーンを通して、2人のプレイヤーまたはAIのチームメイトとともに闘うことができるようだ。

(画像は『エイリアン:ファイアーチーム エリート』3goo商品情報ページより)

 登場する敵は11種類の「ゼノモーフ」を含む20種類以上。ゲーム中では、壁や天井、ダクトから突然襲いかかってくる『エイリアン』らしいシチュエーションも楽しめる。

 操作するキャラクターは5つのクラスから選択が可能となり、それぞれが特別なアビリティとキャラクターパークを持つ。さらに「シーズン1:ファランクス」では新クラス「ファランクス」が追加。コンバットシールドを使いこなすクラスとなっており、無料での入手が可能だ。
 登場する武器は30種類以上、モジュールやアタッチメントは70種類以上と、幅広いカスタマイズを楽しむことができる。

(画像は『エイリアン:ファイアーチーム エリート』3goo商品情報ページより)

 ゲーム発売と同時に、PlayStation Storeでは「エンデバーベテランパック」「海兵隊パック」など追加コンテンツの販売を開始した。それぞれゲーム内で使えるエモートやスキン、武器カラーなどがセットになった商品となっている。
 また、シーズン1からシーズン4までの追加装飾品がセットになった「エンデバーパス」も配信開始。シーズン2以降のリリース予定日は、決まり次第発表されるとのことだ。

 『エイリアン:ファイアーチーム エリート』は、PS4、PS5向けに発売中。通常版の価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに4950円(税込)となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ