リアルな農業が体験できる『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームプレイに対応。機種の違いを気にせずフレンドと一緒に農作業

 バンダイナムコエンターテインメントは、農業体験シミュレーション『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームマルチプレイに対応したと発表した。

 対象プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)。発売日はXbox One、Xbox Series X|S、Steamが11月22日(月)、PS4、PS5が11月25日(木)となる。

 価格はコンソール版が税別5980円。Steam版がオープン価格となる。

 『ファーミングシミュレーター 22』は、大規模な農業体験ができる農業シミュレーションゲームだ。

 プレイヤーは最先端技術を駆使する農家となり、アメリカとヨーロッパの3つの異なる環境で農場を開拓する。ほかにも畜産林業を主軸とした経営体制も可能となっている。

 季節の移り変わりが美しく再現されており、麦やトウモロコシ、ジャガイモ、綿など、さまざまな作物の種を蒔いて収穫をすることができる。

 キャラクターモデルの衣装では、Case IH、CLAAS、Fendt、John Deereなど、農業界を代表するブランドの本格的な衣装が実装。ドイツのELTEN社の作業靴やEngelbert Strauss社の安全服を履くこともできる。

リアルな農業が体験できる『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームプレイに対応。機種の違いを気にせずフレンドと一緒に農作業_001
リアルな農業が体験できる『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームプレイに対応。機種の違いを気にせずフレンドと一緒に農作業_002
リアルな農業が体験できる『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームプレイに対応。機種の違いを気にせずフレンドと一緒に農作業_003
リアルな農業が体験できる『ファーミングシミュレーター 22』がクロスプラットフォームプレイに対応。機種の違いを気にせずフレンドと一緒に農作業_004

 さらに100以上の実在する農機メーカーから400以上の車両や農機具、重機が登場するこだわりようで、リアルな農業ライフを楽しむことができる。

 本作はオンラインマルチプレイに対応しており、一緒に農作業をすることができる。今回、クロスプラットフォームの対応が発表されたので、他のプラットフォームのフレンドでも気兼ねなく協力プレイに誘って、ともに農業ライフを楽しめそうだ。

 『ファーミングシミュレーター 22』はXbox One、Xbox Series X|S、Steamが11月22日(月)に発売予定、PS4、PS5が11月25日(木)に発売予定となっている。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ