『ファンタジアン』坂口博信氏と『ファイナルファンタジーXVI』吉田直樹氏の特別対談が東京ゲームショウで実現。主催者番組の登壇者一覧が公開

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は9月18日(土)、展示会イベント「東京ゲームショウ2021 オンライン」内で配信される主催者番組の登壇者を発表した。本イベントは9月30日(木)から4日間にわたって開催予定だ。

※10月2日(土)午前9時からの主催者番組

 発表によると、10月1日(金)午前10時からの番組ではゲームニュースサイト「IGN JAPAN」編集長のロブソン・ダニエル氏と北米・中国など各リージョンの編集者、司会者の竜瀬葵さんが出演。コーエーテクモゲームスの執行役員で社内チーム「Team NINJA」のブランド長を務める安田文彦氏と近日に発表されるもうひとりのゲストを迎えて、日本産ゲームの魅力と世界市場におけるオリジナリティを分析する。

 また、10月2日(土)午前9時からの番組では、名作RPG『ファイナルファンタジー』シリーズの“生みの親”として知られるミストウォーカー代表の坂口博信氏とオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏による特別対談を配信。ファミ通グループ代表の林克彦氏も交えつつ、RPGの魅力と可能性が語られるという。

 上記のほか、10月3日(日)の午前10時からはゲーム実況者として人気を博するYouTubeクリエイターののばまんさん、CLAYさん、コアラさんが出演。MCの田口尚平氏も交えて、“Z世代”と呼ばれる子ども・若者向けの大きな影響力を持つゲーム実況者の難しさや面白さ、やりがいなどの要素クロストーク形式で伝えるようだ。

 「東京ゲームショウ2021 オンライン」の主催者番組に関する情報は以下のとおり。

東京ゲームショウ2021 オンライン 発表第3弾!
主催者番組3本の登壇者決定!
特別対談:坂口博信 × 吉田直樹 RPGの魅力とは?
世界のゲーマーは日本のゲームをどう見ている?
あこがれの職業 “ゲーム実況者”の舞台裏

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:早川英樹)は、東京ゲームショウ2021 オンライン(会期:9月30日~10月3日/略称:TGS2021 ONLINE)で配信する主催者番組の登壇者を、本日、公式サイト<https://tgs.cesa.or.jp/>で公開しました。

TGS2021 ONLINEの主催者番組は、10月1日(金)から3日(日)までの3日間、各日の朝一番に配信。国内外のメディアパートナー等の協力の下、東京ゲームショウならではの特別なプログラムをお届けします。

10月1日(金)は世界最大級のゲームニュースサイト「IGN」がお届けする「IGNグローバルに聞く:世界のゲーマーは日本のゲームをどう見てますか?」。ゲストにコーエーテクモゲームス Team NINJA ブランド長で執行役員の安田文彦氏ともう1名を迎え、IGN JAPAN編集長のロブソン・ダニエル氏や北米・中国を含めたIGNグローバル各リージョンの編集者とともに、日本産ゲームの魅力やグローバルマーケットにおけるオリジナリティーとは何かを浮き彫りにします。

10月2日(土)は日本を代表するゲームメディアの一つ「ファミ通」がコーディネート。「ファイナルファンタジー」シリーズ生みの親である坂口博信氏と、『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターで、開発中のシリーズ最新作『ファイナルファンタジーXVI』のプロデューサーでもある吉田直樹氏が、RPGの魅力と可能性を語り合います。

最終日となる10月3日(日)はYouTube等を舞台に活躍する動画クリエイターが数多く所属するUUUMの協力で、今や子供たちのあこがれの職業であるゲーム実況者の日常や制作の舞台裏を紹介。人気クリエイター3人に、“バズる”動画を作る難しさともに、やりがいや夢をお話しいただきます。

TGS2021 ONLINEは、「それでも、僕らにはゲームがある。」をテーマに開催。日々の生活や活動が制限されるなか、ゲームが持つ魅力や、ゲームだからこそ実現できることをオンライン、オフラインを通して発信いたします。会期に向けて、引き続き、東京ゲームショウにぜひご注目ください。

最新情報は公式サイトで公開中!(https://tgs.cesa.or.jp/

【主催者番組 登壇者発表!】

●10月1日(金)
10:00-10:50 IGN JAPAN Presents
IGNグローバルに聞く:世界のゲーマーは日本のゲームをどう見てますか?

日本はゲームの歴史の中で最も象徴的なフランチャイズの多くを生み出してきました。世界中のゲーマーは,その日本のゲームを実際どう見ているのだろうか? IGN JAPANがプロデュースする本番組で答えをお届けします。30地域近くで25言語に対応する、世界最大級のゲームニュースサイトであるIGN。米国、中国、欧州、東南アジア――IGNグローバルの編集者に各リージョンのゲームシーンについて聞きながら、現地のゲーマーにとって重要な日本産ゲームについて聞きます。さらに、それらのコメントに対する日本ゲーム業界のトップクラスのゲームクリエイターの感想も聞きます。見逃すな!

安田 文彦 やすだ ふみひこ
コーエーテクモゲームス
執行役員/Team NINJA ブランド長

1982年福岡県生まれ。2005年東京大学英文科卒。2006年テクモ入社(2010年コーエーテクモゲームスに合併)。『NINJA GAIDEN』シリーズの企画/ディレクターを務めた後、『仁王』ディレクター、『仁王2』プロデューサー/ディレクターを経て、現職。

※近日発表予定

ロブソン・ダニエル
IGN JAPAN 編集長

イギリス出身。大学卒業後に来日し、ジャパン・タイムズ、MTV、NME、CNNなどのグローバルメディアでゲームや音楽、ポップカルチャーのジャーナリストとして活躍。その後、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)を経て、2016年、ゲーム情報サイト「IGN Japan」ローンチと同時に編集長に就任。

竜瀬 葵 たつせ あおい
司会者(MC)・ナレーター

物心つく前からファミコンがあり、ゲームと共に成長した世代。姉が友人から借りてきたドラゴンクエストⅢがキッカケでゲームにのめり込んでいく。イベント業界で仕事を始めると、世の中に沢山のゲームイベントがあることを知る。TGSやJAEPOを始め、メーカー各社のイベントなどでMCを務める。

●10月2日(土)
9:00-9:50 ファミ通Presents
RPGの魅力と可能性 ~坂口博信 × 吉田直樹/TGS2021 ONLINE 特別対談~

『ファイナルファンタジー』シリーズ生みの親であり、最新作『FANTASIAN(ファンタジアン)』も高く評価されている坂口博信氏と、『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクターであり、開発中のシリーズ最新作『ファイナルファンタジーXVI』のプロデューサーも務めている吉田直樹氏によるスペシャル対談が実現。RPGの魅力と可能性について、おふたりに大いに語ってもらいます。

※本配信において、『FF』シリーズに係る新情報等の発表はございません。

坂口 博信 さかぐち ひろのぶ
MISTWALKER CORPORATION
ミストウォーカー代表

1962年生まれ。『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親。『ブルードラゴン』『ロストオデッセイ』『テラバトル』など多数のRPGを手がける。スクウェア(現スクウェア・エニックス)設立時から開発部門を統括し、2004年、ゲーム制作会社ミストウォーカーを設立。
最新作『FANTASIAN』がApple Arcadeで配信中。

吉田 直樹 よしだ なおき
スクウェア・エニックス 取締役
『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクター
『ファイナルファンタジーXVI』プロデューサー

1973 年生まれ。2005 年スクウェア・エニックス入社。『ドラゴンクエスト X』ではチーフプランナーを務め、2010 年、『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターに就任。2015 年から執行役員として開発部門を担当。2018 年から取締役に選任。現在はプロデューサーを務める『ファイナルファンタジーXVI』を開発中。

モデレーター
林 克彦 はやし かつひこ
KADOKAWA Game Linkage
ファミ通グループ代表

「週刊ファミ通」編集長を経て、2020 年 4 月よりファミ通グループ代表に。
進化を続けるゲーム業界において、時代をリードするサービス・コンテンツ作りを目指す。

●10 月 3 日(日)
10:00-10:50 なりたい職業“ゲーム実況者” ってホントは大変? その日常や制作舞台裏とは

小学生(男子児童)の「将来なりたい職業」ランキング2020年度(日本FP協会調べ)で5位がゲーム制作関連、6位がYouTuberと高い人気を誇る「ゲーム業界×インフルエンサー」。ゲーム実況者は、Z世代に大きな影響力を持つ存在です。その憧れであるゲーム実況者の日常や制作現場とは――。
人気ゲーム実況者が、動画を作る難しさや面白さ、やりがいなどをクロストーク形式でお届けします。

のばまんゲームス
独自の観点で人気のゲーム実況クリエイター
https://www.youtube.com/channel/UCTW2tw0Mhho72MojB1L48IQ

シミュレーションゲームを中心に、独自の観点で気になったことなどを検証していくゲーム実況クリエイター。ゲーム実況だけに留まらず、実写動画やガジェット紹介など幅広く活動中。

CLAY
野球を愛する気持ちは No.1!のマルチなゲーム実況者
https://www.youtube.com/channel/UCjmrGPZmMDbyBZLllXsUTsA

プロスピAをはじめとする野球ゲームのスペシャリスト。他にもさまざまなゲームの実況動画、野球などの実写動画を毎日投稿しています。これからも幅広くいろんなことに挑戦していきます! 目指せ、野球系マルチのトップクリエイター! 抜群のビジュアルだけでなく、高い編集技術とトーク力にもぜひ注目してください。

コアラ’s GAME SHOW
邪道で異端なダーティーゲーマー
https://www.youtube.com/channel/UCgb_MEmmOzvbS4wUhJembig

V系ゲーム実況YouTuber。ゲーム業界に現れた新生異端児。鋭い突っ込みによるトーク、テンポの良い編集に定評があり、笑い驚きを視聴者に提供するゲーム実況者!またゲームコレクターとしての顔も持ち、主にゲームソフトやゲーム関連グッズを集めている。

MC
田口尚平 たぐち しょうへい

神奈川県横浜市出身。元テレビ東京アナウンサー。「アナウンサー界で一番のオタク」と評され、局アナ時代にも「eスポーツキャスター」として活動。

■「東京ゲームショウ 2021 オンライン」 概要

名称:東京ゲームショウ2021 オンライン(TOKYO GAME SHOW 2021 ONLINE)
実施サイト: https://tgs.cesa.or.jp/
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:株式会社日経BP、株式会社電通
後援:経済産業省(予定)
会期: 2021年9月30日(木)~10月3日(日)※オンライン商談は9月29日(水)から開始

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ