砂漠をホバーバイクで翔ける「少女セーブル」の旅路を驚異的なビジュアルで描く『Sable』配信開始。「バンドデシネ」のようなグラフィックス特徴

 Raw Furyは、アクションアドベンチャーゲーム『Sable』の配信を開始した。

 対象プラットフォームはXbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store、GOG.com)。価格はそれぞれ税込で、Microsoft Storeが2900円、Steamが2570円、Epic Games Storeが2580円、GOG.comが24.99ドル。またXbox Game Pass Ultimateに含まれている。

 なお配信時期は発表されていないが、Kakehashi Gamesは同作の日本語版を製作中であることを明らかにしている。

 『Sable』は、プレイヤーは仮面をかぶった少女セーブルとなり、砂に覆われた広大な砂漠の惑星で冒険するオープンワールドのアクションアドベンチャーとなる。

 本作は漫画家のメビウス氏を筆頭としたフランス産コミック、いわゆる「バンドデシネ」のような魅力的なアートワークが特徴で、開発時から注目を集めていたタイトルだ。

 オープンワールドで広大に構築された砂漠で、ホバーバイクを滑空させて砂丘を登ったり、古代の遺物を探検し星の秘密を知り、そして自分は何者なのかということを見つめていく。

(画像はSteam「Sable」より)
(画像はSteam「Sable」より)
(画像はSteam「Sable」より)
(画像はSteam「Sable」より)
(画像はSteam「Sable」より)

 ゲームは各地に登場する遊牧民との交流も描かれており、アクションだけでなくストーリーやパズルも重視されいるようだ。サウンドトラックはミシェル・ザウナー氏のソロプロジェクト「Japanese Breakfast」が担当している。

 Kakehashi Gamesによる日本語化が進行中で、後日配信予定だ。ひとまず英簿版で一足先にプレイしたい人は、Xbox Game Passでダウンロード、もしくはPC版の購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ