『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開

 スクウェア・エニックスは、東京ゲームショウの情報番組「SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」にて、『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』と、リマスター作品である『ライフ イズ ストレンジ リマスター コレクション』の日本語版を発売すると発表した。あわせて日本語吹き替えのトレーラー、公式サイトを公開している。発売時期は後日発表となる。

 『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』の対象プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switch、PC(Steam)、また『ライフ イズ ストレンジ リマスターコレクション』はPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)となる。

 『ライフ イズ ストレンジ』シリーズは、超能力を持つことになった若者の繊細な感情を捉えた作風が特徴の選択肢によって物語が変化するアドベンチャーゲーム

 シリーズ最新作は『ライフ イズ ストレンジ トゥルー カラーズ』の舞台は、小さな街ヘブン・スプリングス。主人公アレックス・チャンは、人の感情を「燃えるような色のオーラ」で視覚的に見ることができる能力を持っている。アレックスはこの能力を「呪い」と捉えているものの、不審な事故死を遂げた兄ゲイブの死の真相に迫るためには、この能力と向き合わなくてはいけない。

 今回、あわせて日本語吹き替え版トレーラーとキャストが公開されており、日本語吹き替えの声優は以下のとおり。

アレックス:風間万裕子
ゲイブ:櫻井トオル
ライアン:唐戸俊太郎
ステフ:丸山有香
ダッキー:魚建
ジェド:楠見尚己
パイク:武田幸史
ライリー:近藤唯
イーサン:鶏冠井美智子

『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_001
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)
『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_002
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)
『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_003
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)
『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_004
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)
『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_005
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)
『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』とリマスター版『ライフ イズ ストレンジ』の日本語版が発売決定。日本語吹き替えトレーラーもあわせて公開_006
(画像はYouTube「【TGS2021 スクウェア・エニックス】SQUARE ENIX PRESENTS TGS2021」より)

 また『ライフ イズ ストレンジ リマスターコレクション』は、シリーズ第1作『ライフ イズ ストレンジ』と、その前日譚となる『ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム』をリマスターした作品。

 動きのモーションキャプチャー、顔のフェイシャルキャプチャーがそれぞれ導入されており、より微細な感情を表現。照明や環境全体が改善されている。

 日本でも高い人気を誇るシリーズなため日本での展開は朗報といえそうだ。なお『ライフ イズ ストレンジ トゥルー・カラーズ』はすでに海外では発売しており、すでに高い評価を得ている。発売時期は後日発表となるため、続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月9日17時~2023年2月9日18時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ