伊勢志摩の『偽りの黒真珠』、秋田の『凍える銀鈴花』に続く「ミステリー案内」シリーズ第3弾は、10月9日(土)にゲームの舞台地が発表へ

 ハッピーミールは、ファミコン風アドベンチャーゲーム『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』、『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』へ続く「ミステリー案内」シリーズ第3弾について、オンラインイベント「れとろげ!外伝II」内で10月9日(土)22時30分ごろにゲームの舞台地を発表すると明かした。

 「れとろげ!外伝II」は、イベントを主催する九州を拠点に活動する団体 FGMF(福岡ゲームミュージックフェス)の公式YouTubeチャンネルにて配信予定だ。

(画像は偽りの黒真珠、 凍える銀鈴花に続くファミコン風ADVゲームの第3弾をつくりたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)
(画像は偽りの黒真珠、 凍える銀鈴花に続くファミコン風ADVゲームの第3弾をつくりたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)

 本作はNintendo Switch、PC(Steam)、PS4で配信されている『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』、『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』に続く、ファミコン風の旅情ミステリーアドベンチャーゲームのシリーズ第3弾だ。

 舞台は「九州地方のどこか」となり、大長編だった前作『凍える銀鈴花』と比べて、物語内容の濃さを保ちつつ展開のテンポ感をアップさせて、よりバランスの良い2時間ドラマを体現する。

 「ミステリー案内」シリーズはタイトルにも含まれているように、『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』は三重の伊勢志摩、『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』では秋田の男鹿が主な舞台。ゲームは風土や実在の観光地、特産品などが取り上げられる見どころのひとつなため、どのような舞台地が選ばれるのかは気になるところ。

(画像はMy Nintendo Store『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』より)
(画像はMy Nintendo Store『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』より)
(画像はMy Nintendo Store『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』より)
(画像はMy Nintendo Store『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』より)

 さらに「れとろげ!外伝II」内では10月10日(日)15時50分ごろに、キャラクターデザインの荒井清和氏、メインシナリオの岐部昌幸氏、プロデューサーの関純治氏、さらに舞台となる地域で活動する方々が出演する配信を実施。一部キャラクターの公開や開発状況の報告、舞台地について生トークが展開される予定だ。

 なお今回は舞台地と一部の情報公開となり、正式タイトル名や新テーマソングの発表などは後日、実施するとのこと。

 イベント後の10月10日20時からは、ZOOMを使った第14回目となる「ミステリー案内ネタバレ雑談会イベント」も開催するという。申し込みページも開設されているので、気になった人は第3弾の視聴とともに参加してみてはかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ