『シロナガス島への帰還』Nintendo Switch版の発売が決定。声優によるボイス追加と物理パッケージの発売を目標にクラウドファンディングを開始

 個人ゲーム開発者の鬼虫兵庫氏は、アドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』をNintendo Switchで発売することを正式発表し、あわせてクラウドファンディングプロジェクトを開始した。

 Nintendo Switchの移植に伴う『シロナガス島への帰還』への声優による追加ボイスの実装や、物理パッケージの制作にかかる費用を募るプロジェクトとなっている。

 『シロナガス島への帰還』は、絶海の孤島「シロナガス島」を舞台としたミステリーアドベンチャーゲーム。PC(Steam、BOOTH、DMM GAMES)にて500円で発売中だ。

 作中ではニューヨークで私立探偵を営む池田戦(いけだ・せん)と、一度見たものは絶対に忘れない「完全記憶能力」を持つ助手の少女・出雲崎ねね子(いずもざき・ねねこ)が、ともにシロナガス島で起こる奇怪な殺人事件に挑んでいく。

 プレイヤーの間ではキャラクターたちの掛け合いと謎が謎を呼ぶ壮大なストーリーが好評だ。公開されたクラウドファンディングのページによると、本作は6万本の売上を達成し、97%の圧倒的な好評を得たとのこと。

(画像はアドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』声優ボイス付きのゲームを届けたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)
(画像はアドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』声優ボイス付きのゲームを届けたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)
(画像はSteam『シロナガス島への帰還 -Return to Shironagasu Island-』より)
(画像はSteam『シロナガス島への帰還 -Return to Shironagasu Island-』より)
(画像はSteam『シロナガス島への帰還 -Return to Shironagasu Island-』より)

 今回のクラウドファンディングは新たに発売するNintendo Switch版にて、声優によるボイスの実装や物理パッケージの制作にかかる費用を支援を募るためのプロジェクトとなる。ストレッチゴールは「200万円」で、達成すると物理パッケージ版の発売が決定する。また、500万円まで集まるとボイスドラマCDも制作されるとのこと。

 リターンにはクラウドファンディングだけの限定パッケージが提供されるなど、ファンにとって嬉しいものとなっている。『シロナガス島への帰還』をプレイした人はこのクラウドファンディングを支援してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ