『CoD』に新たなアンチチートシステムが導入が決定、サーバー機能も強化される。ゲームプレイ時のみの起動となりプレイヤーのプライバシー保護も重視

 FPSゲーム『コール オブ デューティ』シリーズのポータルサイトにて、新たなアンチチートシステム「RICOCHET Anti-Cheat」がゲームに実装されることが発表された。

 同システムのチート対策セキュリティ機能は『コール オブ デューティ ヴァンガード』(以下、ヴァンガード)のリリースと同時にローンチとなり、『コール オブ デューティ ウォーゾーン』(以下、ウォーゾーン)には年内に行われる「Pacific」アップデートの際に実装される。また、システムの実装と同時にサーバー機能も強化されることがアナウンスされている。

 こちらのチートシステムの一部である「カーネルレベルドライバ」の詳細についても明らかにされた。カーネルレベルドライバは『ウォーゾーン』の「Pacific」アップデート時にローンチ、『ヴァンガード』にも後日リリースされる。
 カーネルレベルドライバは、PCのグラフィックカードドライバなどの監視、管理を行う権限を持ち、ゲームへの接触を試みるソフトウェアやアプリケーションをチェックする働きをするようだ。
 なお、PCで『コール オブ デューティ』をプレイしている時のみ動作し、ゲームを閉じる際には自動的にシャットダウンするとのこと。また、監視や報告を行うのは『コール オブ デューティ』に関するアクティビティのみ、とされている。

 今後RICOCHET Anti-Cheatのローンチに際し、引き続きゲーム内やブログ、ソーシャルメディアなどで告知していくとのことだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ