MyDearestとイザナギゲームズが送るシネマチック捜査アドベンチャー『ディスクロニア: クロノスオルタネイト』クールな最新映像とキービジュアルが公開

 MyDearestは10月28日(木)、イザナギゲームズと共同で展開する新作タイトル『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』(ディスクロニア: クロノスオルタネイト 以下、ディスクロニア: CA)について、作品のイメージを伝えるキービジュアルおよびプロモーション映像を公開した。対応プラットフォームはOculusとNintendo Switch。配信時期は2022年上旬の予定で、ほかのデバイスやプラットフォームへの対応予定は追って告知される。

 なお、10月28日(木)の20時からは、ニコニコ生放送YouTube本作のオンライン発表会が配信予定だ。番組内ではゲームシステムの詳細や作品に参加する声優・アーティストの紹介に加えて、MyDearestとイザナギゲームズの業務提携に関する記者会見および調印式も実施されるという。

MyDearestとイザナギゲームズが送るシネマチック捜査アドベンチャー『ディスクロニア: クロノスオルタネイト』クールな最新映像とキービジュアルが公開_001

 『ディスクロニア: CA』は、MyDearestがVRアドベンチャーゲームを中心に展開してきたオリジナルシリーズ「クロノスユニバース」の最新作である。同社は2020年10月、VRヘッドセット「Oculus Quest 2」と同時に発売されたVRアクションアドベンチャーゲーム『ALTDEUS: Beyond Chronos(アルトデウス: ビヨンドクロノス)』で複数のアワードを獲得した実績を持つ。

 発表によると、今作は“楽園”とも呼ばれる海上都市「アストラム・クローズ」を舞台に、登場人物の視点で発生した殺人事件を捜査していく「VRノンストップ捜査アクション」だという。作中ではさまざまなギミックを乗り越えて証拠を集める「捜査パート」と、集めた証拠と民衆の支持を利用して真実を証明する「審問パート」へ分かれるようだ。

 記事の冒頭にも述べたとおり、番組ではゲームシステムの詳細も明らかとなる。興味があれば、ぜひ番組をチェックしておくとよいだろう。

新作VRゲーム『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』
VRノンストップ捜査アクション 開幕!
Nintendo SwitchにてNon-VR版でも登場!

2021年10月28日。MyDearest株式会社はクロノスユニバース最新作『DYSCHRONIA: Chronos Alternate(ディスクロニア:クロノスオルタネイト)』の最新情報を発表いたします。

Oculus Quest 2のローンチタイトルとして発売された『ALTDEUS: Beyond Chronos(アルトデウス:ビヨンドクロノス)』は、VRゲーム初のファミ通・電撃ゲームアワードのアドベンチャー部門最優秀賞をはじめとして高い評価を受けました。そんなMyDeaerestが次に挑むのは「VRノンストップ捜査アクション」という異色のジャンル。そして本作はVRゲーム&Non-VR(Nintendo Switch)にて発売いたします。

本日、10月28日 20:00〜からニコニコ生放送にて配信されるオンライン記者発表会で『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』の主要キャストを発表。本記者会見にはキャストの実際の登場や、ビデオメッセージの公開も決定しております。

舞台は海上都市「アストラム・クローズ」楽園とも呼ばれるこの地で起こった殺人事件を、監察官として捜査していきます。
「手に取り・移動し・解き明かす」様々なギミックを自らの手で突破することでしか体感できない物語がここに。詳細は、本日の発表会にお越しいただきその目でお確かめください。

※ PVはこちら https://youtu.be/9RzAfWjAJZE

■手繰<タグ>れ、夢中のその先を─

『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』は2つのパートで物語が進行します。

<<捜査パート- Interactive Investigation>>
手に取り、移動し、解き明かせ!目に映るもの全てが手がかりになる。あらゆるギミックを突破し、事件の真相を究明せよ。あなたのアクションによって物語の展開は変わっていく。その結果、突然窮地に追いやられることも…?

メモリーダイブ- Memory Dive
主人公は、左手で触れたものに宿る記憶にアクセスする能力を持つ。過去にダイブし、事件の真相を明らかにせよ!ただし他人に「能力で見た」ことを信用してもらうのは難しい。捜査によって証拠を集め、事件を立証せよ!

<<審問パート- Judgement Action>>
対峙するのは、都市の最大幸福を守る番人。最高権力を持つ強大な”統合人工知能”集めた証拠を用いて、事件の真実を証明せよ!統合人工知能を説き伏せることが、勝利条件となる。審問中には、”市民の同調パラメーター”がリアルタイムで変化する。臨機応変なアクションで民衆を味方につけ、盤上を支配せよ。

イベントタイトル
VR&Switch新作ゲーム『DYSCHRONIA:CA』及びアライアンス発表会

日時
2020年10月28日(木)20:00~21:30

配信チャンネル
<ニコ生>
https://live.nicovideo.jp/watch/lv334188145

<Youtube>
https://youtu.be/xnc6byiPTJI

出演
石川由依 (東京クロノス「二階堂華怜」, ALTDEUS: Beyond Chronos 「アニマ役」)
吉田尚記 (ニッポン放送アナウンサー)
岸上健人 (MyDearest 総合プロデューサー)
梅田慎介 (イザナギゲームズ 総合プロデューサー)

★『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』の出演キャストもビデオメッセージなどで登場します!

★ #ディスクロ Twitter記者募集!
本イベント中Twitterにて「#ディスクロ」をつけて投稿してくださった方の中から、最優秀記者に選ばれた方(1名)にスペシャルプレゼントをご用意!みなさまのご参加をお待ちしております。

■『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』 ストーリー
「この楽園は、夢に裁かれる。」

海上都市「アストラム・クローズ」
犯罪発生率0.001%。
あらゆる犯罪が”夢”によって未然に防がれる場所。

“楽園” と呼ばれるこの都市で、
都市の創設者アルバート博士が殺害されるという
“”起こるはずのない”” 事件が発生する。

特別監察官に着任した「ハル」は、都市からの要請を受け、
この異常事態を解明すべく捜査に当たる。

なぜ、博士は殺されたのか。
この美しい都市に一体何が起きているのか。

左手に宿る「隠された過去」を暴く能力で
真実に近づくほどに、危険は増していく。

12年間動くことのなかった時計塔。
その終末の鐘が鳴り響くとき、最後の7日間が幕を開けるー

■ 作品詳細

タイトル: DYSCHRONIA: Chronos Alternate
対応ハード: Oculus (VR) / Nintendo Switch (コンソール)
言語: 日本語 / 英語 / 中国語 / ドイツ語
音声対応 : 日本語 / 英語
開発元: MyDearest株式会社(MyDearest Inc.)/ 株式会社イザナギゲームズ(Izanagi Games, Inc.)
ジャンル: VRノンストップ捜査アクション(VR) / シネマチック捜査アドベンチャー(コンソール)
プレイヤー: 1名

※他デバイス / プラットフォームに関しては追ってお知らせいたします
※プラットフォームによって対応言語が変わる可能性がございます。ご了承ください

公式サイト https://dyschroniaca.com/
公式Twitter https://twitter.com/dyschronia_jp
クロノスユニバース公式Twitter:https://twitter.com/chronos_unv
クロノスユニバース公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCzYfmRE2d6uWI3WorYAbXTw/videos

■MyDearestについて

会社名 : MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)
所在地:〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7−15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町5F
設立:2016年4月
代表:代表取締役CEO 岸上健人

MyDearest株式会社は2019年に『東京クロノス』、2020年に『アルトデウス: BC』をリリースしたVRスタートアップ。企画・開発。音楽・プログラム・デザインなど全ての領域にクリエイターが揃っており、「ソードアート・オンライン」の担当編集として著名な、株式会社ストレートエッジ 代表取締役の三木一馬氏もアドバイザーとして参画している。

受賞歴
・第二回日本アントレプレナー大賞エンタメ部門受賞
・CAMPFIRE AWARDエンタメ部門受賞
・『ALTDEUS: Beyond Chronos』 ファミ通・電撃ゲームアワード2020 アドベンチャー部門 最優秀賞受賞
・『ALTDEUS: Beyond Chronos』 CEDEC AWARD 2021 ゲームデザイン部門 優秀賞受賞

・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ