暴走したAIに人間が立ち向かう人狼系ゲーム『First Class Trouble』PS4、PS5版が11月2日にリリース、先行アクセス版がSteamにて配信中

 10月28日に配信されたPlayStationの情報番組「State of Play」にて『First Class Trouble』のPS4、PS5版が海外に向け、11月2日に発売されることが明らかとなった。国内版の配信日は未定とされている。

【※更新 2021/10/28 15:00】記事初版にて「11月2日に発売」と記載しておりましたが、SIEから国内向けの情報に関して追加の発表があり、国内配信日は未定となることが明らかとなりました。それにあわせて記事を修正しております。

 本作は、AIが暴走を起こした宇宙客船を舞台とするソーシャル推理パーティゲーム。プレイヤーはAIを止めるためのタスクをこなす乗客と、それを妨害する人の皮をかぶったロボット「ペルソノイド」に分かれてゲームは進行する。
 AIを停止させるためには、キーカードを集めながらエリアの奥へと進んでいかなければならない。ペルソノイドたちは酸素ステーションを破壊したり、ときには住民を冷凍庫やプールに放り込むなど、自分の正体が露見しないように注意しながら妨害工作を行っていく。

暴走したAIに人間が立ち向かう人狼系ゲーム『First Class Trouble』PS4、PS5版が11月2日にリリース、先行アクセス版がSteamにて配信中_001
(画像はYouTube「State of Play | 10.28.21」より)

 新しいエリアへ進むと投票が行われ、もっとも疑わしいとされたひとりが追放される。誰を信じ、誰を疑うか、コミュニケーションが非常に重要な作品となっているようだ。
 今回の発表にあわせて、PlayStation.Blogでは本作のサバイバルガイドも公開されている。これからプレイするという人はぜひ一度チェックしてみて欲しい。

 『First Class Trouble』は海外向けに11月2日にPS4、PS5でリリース予定。日本国内の配信日は未定とされ、詳細は後日発表されるとのことだ。なお、先行アクセス版がすでにSteamで配信中となっている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ