米Facebookが社名を「メタ」(Meta)に変更。VRブランドの名称も一新、ヘッドセットは2022年から「Meta Quest」へ

 米Facebook社は日本時間10月29日(金)、社名を「Meta」に変更したと発表。あわせて傘下のブランドや製品の名称を改める方針が伝えられ、VRヘッドセット「Oculus Quest」「Meta Quest」へと置き換えられる予定が明らかとなった。

米Facebookが社名を「メタ」(Meta)に変更。VRブランドの名称も一新、ヘッドセットは2022年から「Meta Quest」へ_001
(画像はAmazon「Oculus Quest 2」より)

 今回の社名変更は、同社のメタバース(仮想空間)事業への注力を受け行われたもの。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は「これからはFacebookよりも“メタバースファースト”になる」と語っており、現在提供しているアプリや製品の数々を、仮想空間サービスを中心とした新たなブランドイメージに統一したい構えを示している。

米Facebookが社名を「メタ」(Meta)に変更。VRブランドの名称も一新、ヘッドセットは2022年から「Meta Quest」へ_002
(画像は「Facebook Connect 2021」より)

 この意向により、VRブランド「Oculus」は事実上消滅となる形だ。同社のVR/AR部門「Facebook Reality Lab」の責任者、アンドリュー・ボスワース氏がFacebookの投稿で伝えたところによると、2022年初頭より「Oculus Quest」のほか、アプリ「Oculus App」「Meta App」へと名称が変わるという。

 また、改称とあわせ、VRヘッドセットの使用に必須だったFacebookアカウントとの紐付けが2022年内には不要となる予定。新たなログイン方式が提供され、個人情報の登録を経ずとも製品を利用できることから、VRをより気軽に楽しめるようになるだろう。

 今回の発表を受け、ヘッドセットのフェイスカバーなどの関連製品を展開するエレコムツイートで反応。「Oculus」のブランド名変更は、同VRの周辺機器を販売するメーカーにも大きな影響を及ぼしそうだ。

 なお同発表では、フェイストラッキングなどの機能を搭載したハイエンド型VRヘッドセット「Project Cambria」の発売が控えている件や、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』のVR版が「Oculus Quest 2」向けに開発されている旨も明かされた。これらの詳細は追って伝えられるとのこと。名称を新たに生まれ変わったMeta社の今後の動向に注目していきたい。

米Facebookが社名を「メタ」(Meta)に変更。VRブランドの名称も一新、ヘッドセットは2022年から「Meta Quest」へ_003
(画像は「Oculus」公式ブログより)
ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ