『マインクラフト』大型アプデ「洞窟と崖」第2弾の配信日が正式発表。天地の上限が増え、地形がダイナミックに変化する注目の配信はグローバル時間11月30日より

 Mojang Studiosは11月18日(木)、『マインクラフト』について、バージョン1.18となる大型アップデート「洞窟と崖」の第2弾の配信を11月30日(グローバル時間)に行うと発表した。

 2021年6月に「ヤギ」などの動物や新鉱石を含む第1弾(バージョン1.17)が配信された同アップデート。当初は一斉リリースが予定されていたが、コンテンツの調整や技術的な挑戦のため、回数を分けて実施する運びとなった。

 今回追加される内容は、地形生成に関わるものが中心。ワールドの高さ制限が緩和されることで、天地のブロック幅が128増えダイナミックな景色が楽しめるようになる。また、洞窟においても細長い形状の「スパゲティ洞窟」や広大な「チーズ洞窟」などが加わるほか、シードの改善によりJava版とBedrock版でほぼ同一に近いワールドが生成可能になるという。

『マインクラフト』大型アプデ「洞窟と崖」第2弾の配信日が正式発表。天地の上限が増え、地形がダイナミックに変化する注目の配信はグローバル時間11月30日より_001
(画像はYouTube「Minecraft Live 2021: The Caves & Cliffs Update」YouTubeより)
『マインクラフト』大型アプデ「洞窟と崖」第2弾の配信日が正式発表。天地の上限が増え、地形がダイナミックに変化する注目の配信はグローバル時間11月30日より_002
(画像はYouTube「Minecraft Live 2021: The Caves & Cliffs Update」YouTubeより)
『マインクラフト』大型アプデ「洞窟と崖」第2弾の配信日が正式発表。天地の上限が増え、地形がダイナミックに変化する注目の配信はグローバル時間11月30日より_003
(画像はYouTube「Minecraft Live 2021: The Caves & Cliffs Update」YouTubeより)

 一方で、強力な敵キャラ「ウォーデン」が待つ地底バイオーム「ディープダーク」などの新要素は、2022年に配信予定の大型アップデート「The Wild Update」バージョン1.19)に持ち越されるとのこと。

 大型アップデート「洞窟と崖」の第2弾の配信は、グローバル時間で11月30日(火)に実施予定。具体的な時間は明かされていないが、日本国内では同日の夜から翌12月1日(水)にかけて配信される見込みだ。

 同アップデートはJava版とBedrock版の両方に対応し、PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Windows、Mac、Linux)およびiOS/Androidに向けて行われる。

【あわせて読みたい】

今の『マイクラ』ってどうなってるの? ダイヤ装備はスイカと交換でゲットできるし、天地が128ブロック増えて地形生成がすごいことに。ダイナミックな進化を遂げた最新1.18版『マイクラ』はとにかく「冒険」が楽しい!

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ