Flash終了に伴って停止した人気ポーズ練習サイト「ポーズマニアックス」の復活クラウドファンディングが開始。ライティングや画角も変更できる3DCGでリニューアル

 POSEMANIACSは12月6日より、無料で提供されていたポーズ練習サイト「ポーズマニアックス」を復活させるクラウドファンディングキャンペーンを開始した。キャンペーンはクラウドファンディングサイトのCAMPFIREにて実施している。

 「ポーズマニアックス」は2007年に有志の手によって開発されたイラストレーター向けのポーズ練習サイトだ。1000体以上のポーズが用意されており、各ポーズごとに360枚の画像を使用した擬似的な3Dビューやトレーニングツールの「30秒ドローイング」といった機能が注目を集め、世界中のユーザーから使用されていた。

 「ポーズマニアックス」の開発を手掛けたnote社のCXOである深津貴之氏noteによると、最盛期には100万人以上が利用していたという。漫画「進撃の巨人」の作者である諫山創氏も同サイトのユーザーであり、同サービスの人気や影響力が伺える。

 しかし、2020年にAdobeが「Flash Player」のサポートを終了し、資金調達も困難で同サイトは停止することとなった。

Flash終了に伴って停止した人気ポーズ練習サイト「ポーズマニアックス」の復活クラウドファンディングが開始。ライティングや画角も変更できる3DCGでリニューアル_001
(画像は誰もが無料で使えるポーズ資料サイト、ポーズマニアックスを復活させたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)

 今回リニューアルされる「ポーズマニアックス」は世界最大の無料ポーズ資料提供サイトを目指し、PCスマートフォンタブレットに対応する。完全なWeb3Dとなり、ブラウザ上で全方角への回転可能で、ライティング画角も操作できるという。

 さらに、同サービスを参考に制作したイラストの権利はユーザーに帰属するため、原則無料でプライベートの練習や商業活動に活用できるサービスとなる。「30秒ドローイング」として親しまれたクイックドローイング機能も実装予定だ。

 今回のクラウドファンディングは「持続可能性」を見据えた運営をすべく、初期開発費用として最低限必要な350万を最低限の目標に据え、期間内に調達金額に届かない場合は支援した金額が返金されるAll-or-Nothing方式で実施される。

 また、​​余剰の調達分は、全額をさらなるポーズ数と機能の追加に利用されるという。

 リワードとして立ち上げクレジット、プロダクトのフィードバックやポーズのリクエスト、バグレポートなどを行うDiscordコミュニティへの参加権利、ポーズマニアックス公式Twitterアカウントでの作品紹介、ポーズリクエストの権利などが用意されている。

 同サービスに興味がある読者はCAMPFIREにアクセスし、実際に支援してみてはいかがだろうか。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ