ひきこもりホラーRPG『OMORI』のNintendo Switch版が2022年春に発売決定。待望の日本語ローカライズも実装へ

 OMOCATが開発する『OMORI』のNintendo Switch版が2022年春に発売される。12月16日(木)に公開された任天堂の情報番組「Indie World 2021.12.16」を通じて明らかとなった。

 『OMORI』は、ひきこもりの少年が主人公のホラーRPG。「死」と「うつ病」というテーマを含んでおり、現実と夢のような精神世界を行き来する冒険の物語が繰り広げられる。

 本作は2014年にクラウドファンディングでの資金調達に成功。開発の延期を繰り返しながら、2020年12月にPC(Steam)版がリリースされた。緻密なピクセルアートや手描きのイラストによる不穏かつキュートなビジュアルをはじめ、人間の暗部に踏み込むストーリー展開などによって大きな人気を獲得。同ストアでは執筆時点で2万6000件以上のレビューが寄せられるなか「圧倒的に好評」の評価を博している。

ひきこもりホラーRPG『OMORI』のNintendo Switch版が2022年春に発売決定。待望の日本語ローカライズも実装へ_001
(画像はYouTube「Indie World 2021.12.16」より)
ひきこもりホラーRPG『OMORI』のNintendo Switch版が2022年春に発売決定。待望の日本語ローカライズも実装へ_002
(画像はYouTube「Indie World 2021.12.16」より)
ひきこもりホラーRPG『OMORI』のNintendo Switch版が2022年春に発売決定。待望の日本語ローカライズも実装へ_003
(画像はYouTube「Indie World 2021.12.16」より)

 しかしながらSteamでは英語版のみの対応のため、日本のユーザーにとってはプレイの敷居が高い作品となっていた。このたびのNintendo Switch版では待望の日本語ローカライズがによって実装されることから、同作の世界がより楽しみやすいもとなるだろう。

 Nintendo Switch版『OMORI』は、2022年春に発売を予定。販売価格は明らかとなっていない。なお今回の発表では触れられていないが、同作はPS5、PS4、Xbox One、Xbox Series X|S、Windows(Microsoft Store)に向けてもリリースが伝えられている。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日19時~2023年2月4日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ