『Dead by Daylight』と映画『ソウ』シリーズがコラボした新アーカイブ・学術書の配信が決定。非情なゲームの主催者「ジグソウ」がついに姿を現す

 Behaviour Interactiveは1月25日(火)、非対称型マルチプレイ対戦ゲーム『Dead by Daylight』について、同名のホラー映画シリーズとコラボした新アーカイブ・学術書『ソウ』を1月27日(木)より各プラットフォームに向け配信すると発表した。

 猟奇殺人鬼「ジグソウ」をめぐる謎と狂気に満ちたスリリングな展開で、これまでに9本もの関連作品が公開されている映画『ソウ』シリーズ。『Dead by Daylight』とはすでにコラボチャプターとしてコンテンツ化を果たしているが、このたび新たにチャレンジ要素のアーカイブ・学術書の形で登場することが伝えられた。

 内容の詳細については執筆時点で明かされていないものの、ウェブメディアIGNが独占公開したトレイラーによると、今回はついにジグソウが作中へその姿を現すようだ。実際にジグソウ役を演じた俳優のトビン・ベル氏がボイスを務めるという。

※動画はIGNより引用

 また本チャレンジにおいて、プレイヤーは原作シリーズで重要な役割を果たす「アマンダ・ヤング」と元刑事「デイビッド・タップ」の2名にまつわる記憶へ迫っていくと同誌は報じている。さらには学術書への挑戦を通じて約60種もの新たなコスメティックアイテムを入手できるとのこと。

 なお同作では、中華圏での旧正月(春節)を祝したゲーム内イベント「潜む縞模様」を1月26日(水)から2月9日(水)にかけて開催する予定だ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ