『It Takes Two』の映画化、およびテレビ番組化が決定。映画『ソニック・ザ・ムービー』の脚本家がシナリオを担当

 ヘイズライト・スタジオとdj2 Entertainmentは、協力型アクションゲーム『It Takes Two』の映画化、およびテレビ番組化を発表した。

 海外メディアVarietyを通じて、明らかにしている。

 『It Takes Two』は、映画監督ならびにゲームクリエイターであるジョセフ・ファレス氏が手がけた2人プレイ専用の3Dアクション・アドベンチャーゲーム。仲違いしている夫婦が魔法によって人形に変えられてしまい、元の世界に帰るためにケンカしながら奮闘する物語が展開される。

 The Game Awards 2021では「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、2人プレイ専用に特化したユニークなプレイスタイルや、目まぐるしく変わるゲームのギミックなどが高く評価されている。PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PCでプレイが可能だ。

『It Takes Two』の映画化、およびテレビ番組化が決定。映画『ソニック・ザ・ムービー』の脚本家がシナリオを担当_001
(画像はSteamより)
『It Takes Two』の映画化、およびテレビ番組化が決定。映画『ソニック・ザ・ムービー』の脚本家がシナリオを担当_002
(画像はSteamより)
『It Takes Two』の映画化、およびテレビ番組化が決定。映画『ソニック・ザ・ムービー』の脚本家がシナリオを担当_003
(画像はSteamより)

 今回はその『It Takes Two』が映画化、およびテレビ番組化することが発表。なおアニメなのか、実写なのか、あるいはCGアニメとなるかは明言されておらず、どのような表現となるかは現時点では不明となる。

 海外メディアVarietyによると、現在のところ制作スタジオやテレビ局などは決まっていないが入札が進められており、映画『ソニック・ムービー』の脚本家であるパット・ケイシー氏ジョシュ・ミラー氏が『It Takes Two』のシナリオを担当するという。

 物語はゲームに沿ったものなのか、それともオリジナルストーリーが展開するのか。「2人プレイ専用」というユニークなゲームの要素をどのように映像として落とし込むのか気になるところ。続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日12時~2023年1月28日13時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ