ゲーム風の仮想空間にダイブして闇の使者を祓う映画『デモニック』日本国内での上映を開始。『第9地区』の監督が手がける最新SFスリラー

 『第9地区』『エリジウム』などで知られる映画監督、ニール・ブロムカンプ氏の最新作『デモニック』が国内で2月4日(金)より劇場公開されている。

 『デモニック』は、主人公の女性・カーリーが過去に母親を大量殺人へと導いた「闇の使者」と対峙する過程を描くSFスリラー。全身マヒで昏睡状態の母の元を訪れたカーリーは、医師の依頼で「シミュレーション」と呼ばれる、母の意識とつながった仮想空間へアバターとなって潜入する。

 現実世界とは解像度の異なる質感で描かれ、どこかゲームのビジュアルにも似た仮想空間の内部で母親と再会するカーリー。だが母の口から告げられたのは「ここに来てはいけない。あなたも危険にさらされる」という不穏な言葉だった。この潜入を機に現実世界でも奇怪な現象が起き始め、カーリーは因縁の対立へと巻き込まれていく。

映画『デモニック』上映開始。『第9地区』監督のSFスリラー_001
(画像はYouTube「Demonic – Official Traile | HD | IFC Midnight」より)
映画『デモニック』上映開始。『第9地区』監督のSFスリラー_002
(画像はYouTube「Demonic – Official Traile | HD | IFC Midnight」より)
映画『デモニック』上映開始。『第9地区』監督のSFスリラー_003
(画像はYouTube「Demonic – Official Traile | HD | IFC Midnight」より)

 海外では2021年8月に公開されていた『デモニック』だが、このたび日本国内では初のお披露目となった。本作は世界各地から選りすぐった映像作品を紹介する企画「未体験ゾーンの映画たち2022」の一環として名を連ねており、ヒューマントラストシネマ渋谷を皮切りにシネ・リーブル梅田でも2月11日(金)より上映が開始する。詳しい公開スケジュールについては、同企画の情報ページを参照されたい。

 なお『デモニック』の監督と脚本を務めるニール・ブロムカンプ氏は、ゲームクリエイターの小島秀夫氏とも交流があることで知られ、小島氏も本作の鑑賞を楽しみにしているようだ。懐かしさと異質さを同時に感じさせる仮想空間の演出がどのように物語へと関わってくるのか、ぜひとも確かめたいところである。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ