浮世絵風2Dローグライト『GetsuFumaDen: Undying Moon』のSwitch版がリリース。日本武道を意識した剣戟で地獄の底を目指せ

 コナミデジタルエンタテインメントは12月10日、任天堂の情報番組「Nintendo Direct 2022.2.10」にて、『GetsuFumaDen: Undying Moon』Nintendo Switch版の配信開始をアナウンスした。価格はいずれも税込で通常版が2728円、デジタルアートブックオリジナルミニサントラが同梱されるデジタルデラックスエディションは3828円となる。

 なお、2021年5月にアーリーアクセスが始まったPC(steam)版については2月17日(木)に配信される予定だ。

『GetsuFumaDen Undying Moon』Switch版が2月10日に発売_001
(画像はGetsuFumaDen: Undying Moon ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 『GetsuFumaDen: Undying Moon』は、1987年に発売されたファミリーコンピュータ用アクションRPG『月風魔伝』を原点とし、浮世絵風のアートワークで展開するローグライトの2Dアクションゲームだ。

 プレイヤーは地獄の監視者「月氏一族」の一員となり、龍骨鬼の復活により訪れた此岸の終焉を阻止すべく地獄へ潜ることとなる。

 おどろおどろしい和風の世界観を描く本作は、ビジュアルやシナリオのみならずアクションにも和風テイストを取り入れており、本作での剣戟アクション日本武道の間合いや拍子を意識した刀、戦傘、槍で魑魅魍魎を討伐していく。

 プレイヤーは主装備と副装備が使用でき、それぞれ強化と能力解放が行える。リアルタイムに強化の取捨選択が可能なため、試行錯誤して最適なビルドでダンジョンに挑み、最深部への到達を目指そう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ